気分が上がる情報

気分が上がる情報やお得な情報をまとめたブログです。

100万円の貯金を作るために私がしたこと

f:id:good49:20200420195427j:plain

貯金100万円はどうしたら貯まる?

100万円の貯金を作るために私がしたこと

いくら欲しい?と言われたら、昔の私は、「とりあえず100万円」と答えていました。

 

その当時は、100万円の貯金がありませんでした。

 

貯金をしても、数十万円貯まったら使い切ってしまうような生活をずっとしていました。

 

つまり、夢の価格が100万円でした。

 

今回は、そんな私が貯金100万円を作った方法をお伝えしたいと思います。

貯金100万円を作るには?ー貯金とは生活習慣である。

「金持ち父さん貧乏父さん」という本が数十年前にベストセラーになりました。

 

そちらの本に書かれていてショックだったのが、

 

「貯蓄は給料が上がれば増えるわけではない。

給与が上がれば上がるだけ生活費も上がるので、結局貯蓄が増えるわけではない」

  

「ギクっ」

 

今まで、自分の収入がそれほど高くないから貯金が出来ていないと考えていたのですが、実際にはそうではなかったのです。

 

実際、数年前と比べて収入が増えた今、比較して考えてみると、確実に生活費が増えてきているのがわかります。

 

月収が低かった → ワンルームのマンション

月収が高くなった → 2LDK のマンション

 

月収が低かった → 移動は電車かバス

月収が高くなった → 移動は車やタクシー

 

月収が低かった → レトルトの食事

月収が高くなった → 美味しいレストランでの食事

 

「ガビーン」

 

 

実際、そうなのです。

月収が増えたところで、支出が増えるので、対して貯金は出来ないのです。

 

つまり、貯金とは生活習慣なのです

 

そう考えた私の戦略は、お金を封筒に入れ始めることでした。

 

封筒作戦で貯金100万円が作れた

お金とは何とも不思議な物です。

 

足りない、足りない、と言っていると本当に足りない現象が起きてきます。

 

でも、逆に、足りる、足りると頭が信じて・思ってくると、本当にお金が足りるようになるんです。

 

「頭が信じて・思う」の部分が相当ポイントです。

 

では、それを実践するにはどうすれば良いか?

 

私は、こちらの本を参考にしました。

 

「バビロンの大富豪の教え」・・・昔々、水に恵まれていたわけでもない場所に、豊かな国があったそうです。

 

そこに住む人々はお金に恵まれていたとか。

 

その秘訣が書かれていて、これを読んだ人の多くがお金持ちになっているすごい本です。

 

ご紹介した本は、漫画でとーっても読みやすいのですが、私の場合は漫画ではなかったので活字のものを読みました。

 

簡単にいうと、こちらの本には給料の1割を貯蓄に回すことと書いてありました。

 

そのため、給料が出たら、社会保険などをすべて引かない状態で、1割を封筒に入れました。

 

最初はとても大変です。だって、1割となると、

 

月収10万円の人は1万円

月収20万円の人は2万円

月収30万円の人は3万円

月収40万円の人は4万円

 

ですが、それより多くの金額として社会保険料が引かれますよね。そのため、かなり少なくなった手取りでの生活が必要になります。

 

でも、それでやりくりするという鉄の堅い約束を自分にしました。

 

その日から、この金額で30日生き抜かなくては行けないので、

・普段何気なく払っていたものを払わないようにした

・高い価格のものを低い価格で買えるところに変えた

・お金について真剣に考えるようになり始めた。

 

という変化がありました。

 

また、先日お伝えした臨時収入の実践を行ったところ、意外や意外、1割減らしても上手くいくコツが見えてきました。

 

そして、2ヶ月、3ヶ月と経っていくと、次第に封筒の中身が少しずつ膨れ上がっていきました。

 

その頃から「私にはお金があるんだ」と封筒を持つたびに思うようになりました。

 

お金が入っている封筒の膨らみがワクワクにつながります^^

 

そして、10ヶ月たつと、何と、1ヵ月分のお給料がたまりました。

 

そう、10ヶ月1割貯め続けると、1ヶ月分のお給料まるまるになるのです。

 

この瞬間はとてつもなく嬉しい瞬間でした。

 

封筒作戦が功を奏して、今は通帳でおこなっています

1割の貯蓄を続けていくと、なぜか臨時収入が増えてきます。

 

お金はお金を呼ぶよ、と斎藤一人さんもおっしゃっていますが、その現象が出始めました。

 

そんな時も、臨時収入があったら1割は貯蓄に回します。

 

そして、続けること数年間、ついに100万円の貯金を作ることが出来ました^^

 

その間、なぜか月収も上がったり、様々なお金の縁に恵まれました。

 

当初もっと時間がかかると思っていた100万円貯金の壁が、続けていくとどんどん低くなったのです。

 

「この世には牽引(けんいん)の法則というものがある。

脳は、これだと言うものを引っ張ってくることができる力があるんだ」

と斎藤一人さんが成功脳のお話で語っていましたが、実際そういうことなのだなぁと言うことがわかるようになってきました。

 

とにかく、現金は力です。

 

何かがあった時、楽しむ時。お金があると、豊かな発想がさらに出来ます。

 

是非、1割貯蓄をしてみてください。

 

私は、その1割貯蓄を、ますます豊かになるために、先ほどのバビロンの大富豪の本に沿って投資に回しています。 

 

以上、100万円の貯金を作るために私がしたことでした。

 

P.S.夢の「100万円」という価格が、実際に貯められて実践できてからは、次の100万円が貯まるスピードが速くなりました。