気分が上がる情報

気分が上がる情報やお得な情報をまとめたブログです。

20年間苦手だったジェットコースターに立ち向かう

ジェットコースターが大の苦手だった私が、止むを得ず克服してしまった方法ー前編

あれは忘れもしない、初の海外での出来事でした。

 

意気投合して友達になった英会話(語学)学校の友達が、「面白い遊園地があるよ」と言ってくれたので、心が開放的になっていた私は、2つ返事でいくと言ってしまったのです。

 

その遊園地は私が大の苦手の「ジェットコースター」がメインだったとも知らず。。。

 

今回と次回で、そんな私がカナダのトロントで逃げられないジェットーコースターに対して、ジェットコースターを克服するまでのお話をいたします。

 

 

私の初海外はカナダのトロントでした

f:id:good49:20200514200509j:plain

初海外は、カナダ第一の都市、トロントでした

私の初海外は、20歳の時でした。

 

厳密には、19歳。

 

飛行機の上で、誕生日を迎えました。

 

17時間の直行便フライト。初海外。ドキドキしながら迎える誕生日。特別でした。

 

飛行機の中では興奮しすぎて、隣の学生さんに思わず声をかけてしまうほどでした。(普段なら絶対しなかったと思います。)

 

日本とカナダは時差が13時間。

 

そのため、カナダでも私は誕生日を迎えることになるのです。

 

初海外は英語の短期留学ー語学学習のためでした。

私の初海外は、語学学習とホームステイがセットになった4週間ものでした。

 

サークルの1歳上の先輩が語学学習をしていて、英語がペラペラだったので「いいなぁ。格好良いなあ」となんとなく思って、思い切って行ってみたのです。

 

トロントに着くと、そこは異国そのもの。

 

飛行機からホームステイ先までは、英語しか話せないドライバーさんが担当してくれました。

 

街中は日本人が一切見当たりません。

 

ホームステイ先に着くと、かなり気さくで心優しいJudyさん。

 

私が誕生日と言うと、着いたその日にケーキを用意してくれて、祝ってくれました。

 

1〜2週間で海外生活になれると、心が開放的になった

f:id:good49:20200515191947p:plain

アイスクリームは日本の2倍の大きさで値段が2分の1

最初の1、2週間は驚きの連続でした。

 

テレビから流れてくる音ももちろん英語ですし、

 

電車に乗っても、トロントは移民の国ですので、本当に様々な人がいました。

 

アイスクリームは日本の2倍の大きさで、2分の1くらいの価格でした。

 

日本で過ごしていた私には大きな衝撃が多い毎日でした。

 

そんな毎日を過ごして2週間。カナダの広大さ、人々の自由度の高さにも慣れて、心が開放的になりました。

 

3週間目に訪れた「遊園地に行こう」と言う友達からの誘い文句

生活に慣れ、行きたいところもほぼ行ったという状態になると、私もどこかさらに楽しい場所を探していました。

 

そこでタイミングよく、友達が「遊園地に行こうよ。なんか電車で1時間くらいの所にあるみたいだよ。」と教えてくれました。

 

「おっ、楽しそう。行く行く。」

 

このように、2つ返事で行くと言ってしまったのです。

 

Canada's wonderland ジェットコースターばかりの遊園地

f:id:good49:20200515192244p:plain

ジェットコースターばかりの遊園地「ワンダーランド」

出典:https://www.canadaswonderland.com/

 

着いた場所は「カナダズワンダーランド」

 

私が想像していた遊園地とは全く異なっていました。

 

私の目に入ってくるものはすべて、なんと「ジェットコースターと悲鳴」

 

そして、一緒に行った女の子3人ともが、「キャー。ジェットコースター。私たち大好きだもんね。楽しみだね。」

 

き、聞いてない。。。

 

私はとんでもない所に来てしまった、と思ったのでした。

 

続きは次回に。