気分が上がる情報

気分が上がる情報やお得な情報をまとめたブログです。

塾2人目の生徒は、第一志望に合格せずショック。天命ではない?

f:id:good49:20200612090019j:plain

受験に向けてがんばった女の子、しかし結果は・・・

前回までで、弊社の塾が天命で始まり、1名の生徒が無事卒業。

 

次の生徒も、なぜか不思議に決まって始まったことをお伝えしました。

 

今回は、天命であるはずなのに、その子が第一志望に合格しなかったお話です。

 

 

2人目の生徒は、吹奏楽に命をかけていた女の子でした

思いがけず始まった塾。

 

無事に卒業生を出して、もう教えることはないかなと思っていたところ、

 

お母さんの「教えてください」という声とともに、その2ヵ月後には次の生徒が決まりました。

 

その女の子は、吹奏楽部に所属していました。

 

朝から晩まで毎日学校で練習し、つかれきってしまうので、ほとんど学習ができないということでした。

 

志望校は、公立高校で吹奏楽部が強いところ。

ある学校に合格したい、と強い気持ちがありました。

 

さぁてどうしようか。

 

まずはできること。手の届くところ、足の届くところから

その頃の私は、斎藤一人さんの本も同時並行で読んでいました。

 

「大強運」とは、手の届くところ、足の届くところに、一歩ずつ上がり続けていくことなんです。

 

斎藤一人 強運

 

 自分の手が届くところ、足が届くところのことをする。

 

つまり、自分が今できることからつなげていくこと。

それをすることによって縁が縁を呼び、上手くいくようになっている。

 

私の戦法は、1人目の生徒と同じように、学校のノートや提出物をできるようにしました。

 

すると、B評価だったものがA評価に上がり、学校の成績表がみるみるうちに上がって行きました。

 

2人目の生徒はさらに何か違うことができる様子だったので、さらに成績を良くするための方法を考え始めました。

 

私の勉強法が合っているかわからないので研究材料を購入 

私は実は、面白い経歴を持っています。

 

小学校の時、かなりの荒くれ者で、

・学校から脱走する

・みんなで書いていた日誌は破る

・机を蹴っ飛ばす

・無断で学校に入り込み、全校放送で職員室に呼び出される

・・・など散々なことをして先生にご迷惑をかけていました。

 

そのため、小学校の成績はめちゃくちゃ良くなかった→当たり前です

 

ですが、実は中学校の時に改心しまして、独学で中学3年生の時にオール5をとったことがあります。

 

そのため、その方法を彼女に教えようと思いました。

 

しかし、その方法が誰にでも当てはまるものとは思っていなかったので、研究材料が必要でした。

 

そこで、たまたまインターネットを検索していて見つけたのがこちらの教材でした。

 

「サクラサク高校受験勉強法」

www.koukoujuken60.com

  

この教材を販売している坂本七郎さんという方の無料メールマガジンなども拝見して、とても親身で素敵なことを教えている先生と拝見し、教材を購入して見ました。

 

すると、受験までの明確な道が見えるようになり、吹奏楽部に在籍していた生徒も、

 

・どの教材を購入すれば良いのか?

 

・夏休み、冬休みに何をすれば良いのか?

 

などすべて指示できるようになりました。

 

やはり、導かれている・・・そう思った瞬間でした。

 

坂本七郎先生の本に書かれていた、普段は数学と英語の予習復習をしっかりと行っていくことも、私が中学校の時に実践していた方法でして、「やはり正しかったんだ」と思いました。

 

自信を持って指導できるようになり、その女の子も、学校の定期テストの点数も上がり、すべては上がり調子になっていきました。

 

天命に導かれていると、自ずと上手くいく。

 

それを2人目の生徒でも体感していきました。

 

のちに、坂本先生は、以下のような本を出し、こちらもとても良い本でした。

 

 

 

特に、目で見て覚える漢字の学習法に関しては、今も塾生に教えて、大好評です。

 

ぜひ、漢字が覚えるのが苦手な生徒さん、お子さんがいたら、上記の本を参考にして見てください。

 

天命であるはずが、第一志望に合格せずにショック??

f:id:good49:20200610101424j:plain

天命で始まった塾ー考え方を改良するトレーニングでもある

弊社は開業以来、経営コンサルタントを雇っています。

 

その経営コンサルタントが

 

「Satoさん、塾をするのは良いですが、合格しなかった時のショックなどは大丈夫ですか?」

 

と常々言われていました。

 

私はその当時、「大丈夫です。」

 

かっこ、(天命で、導かれているので、困ったことは起こらないので、)

 

と思っていました。

 

事実、その吹奏楽部の子も、10月まで発表会があり、そこから受験に取り組むと、冬休みもかなりの時間勉強して、かなり良い感じで1月を迎えていました。

 

受験まであと数週間。

 

できることもすべて行い、いざ、受験に臨みました。

 

大人しめの子だったのですが、闘志がみなぎるものを感じ、前の塾では成績が上がらなかったけれど、今は充実して成績を自分であげている実感があったようでした。

 

だから、私も合格するものだと思っていました。

 

しかし。。。

 

合格発表の日、待てども待てども電話は来ません。

 

そして、最後の最後、お母さんから電話がかかってきました。

 

「あの、、、すみません。。。合格できませんでした・・・」

 

私はあまりのショックに、どうしよう、と思いました。

 

これは困ったことだったのだろうか?やはり塾は天命ではなかったのだろうか?

そう、自分の中で自問自答が始まったのでした。

 

続きは次回に