さとし先生@英語と英会話と人生と

中学英語のやり直しや英会話情報、さらにはプリントを使った学習まで

here we go 中2 和訳 unit6 part1(ヒアウィーゴー ユニット6 パート1)

光村図書 here we go の中2 本文 Unit 6 part1 を和訳していきます。

学校の授業をより理解できるように解説していきます。

 

現役中学生はもちろん、中学3年生以上から大人まで英語をやり直したい人に、光村図書の教科書は秀逸なので是非ぜひオススメします。

 

もし、本気で学びたい場合は、教科書ガイドを購入することが超オススメです。

教科書の本文が訳されていて、さらには英単語も品詞+発音、意味、とすべて書かれているので、調べる手間暇を考えると、確実に時間短縮につながります。

(なんと、今の教科書には音声が無料でついているので、音声CDは購入不要です。昔は数千円していたので、めちゃくちゃ嬉しいです^^)

 

楽天なら送料無料!!

 

以下の文ですが、必ず理解したら、音声を聞いて真似して言う(音読)。

さらには文章を見ずに「見上げて言う」をしてください。

実力が爆上がりします!!

 

Unit6 part1 本文以下から

Ashim, this is Kota. 

アシム、こちらはこうたです。

this は近くのものや人をさして、これ、こちら、と言う表現になります。

 

 

He's here to help you.

彼はあなたを助けるためにここにいます。

to help は to 不定詞の副詞用法。「〜するために」という意味を表現します。

 

Hi. I'm Kota.

やぁ、僕はこうただよ。

 

Hi. I'm Ashim.

やぁ。僕はアシムだよ。

 

Where are you from?

君はどこ出身ですか?

→ 出身地を聞くための表現ですね。

 

Nepal. ネパールです。

 

I see. なるほど。

I see. はわかった、なるほど、と使いたい時に使える表現です。

 

We'll make a kite today.

僕たちは今日凧を作る予定です。

We'll = We will の省略形。willは予定を表す未来の形です。

 

Do you fly kites in Nepal?

君はネパールでも凧を飛ばすんですか?

凧をあげるとも言えます。

 

凧をあげる=凧を飛ばすと考えて、fly kitesと覚えるのは大切ですね。

 

Yes. はい。

A kite is  changa in Nepal.

凧はネパールではチャンガです。

 

この表現もよく使える表現です。

A is B in Japan. Aは日本ではBです、とも言えます。

 

What is A in America? Aはアメリカでは何ですか?とも聞けます。

 

We fly kites during the Dashain Festival.

私たちはダサイン・フェスティバルの間凧を飛ばします。

during 〜 = 〜の間、期間を表現する前置詞です。

 

That's interesting.

それは面白いね。

that = 前の文を受けます。Dashain Festivalの間にAshimたちが凧を飛ばすことです。

 

In Japan, we fly kites at shogatsu, the New Year.

日本では、僕たちは正月、新年に凧を飛ばします。

正月に、とはat shogatsuって言うんですよね。

こういう発見をして、記憶に残すのも大切です。

 

Let's make a nice kite to fly at the New Year!

新年に飛ばすために素敵な凧を作りましょう。

これもto fly = to不定詞の副詞的用法「〜のために」です。

さらに、let's は〜しましょう。

at the New Year! 新年に(お正月に)

 

最後の文はいつも大切な項目目白押しですね^^

何度も発音して覚えてしまいましょう。