さとし先生@TOEICトーイック、英検対策、中学と高校の英語復習

英検対策、中学と高校で使われる英語教科書の解説をしています。

here we go 中1 和訳 unit2 part2(ヒアウィーゴー ユニット2 パート2)

光村図書 ヒアウィーゴー here we go の中1 本文 Unit2 part2 を和訳していきます。

学校の授業をより理解できるように解説していきます。

 

現役中学生はもちろん、大人の方まで英語をやり直したい人に、光村図書の教科書は秀逸なので超オススメします。

 

もし、本気で学びたい場合は、教科書ガイドを購入することがオススメです。

教科書の本文が訳されていて、さらには英単語も品詞+発音、意味、とすべて書かれているので、調べる手間を考えると、確実に時間短縮につながります。

(なんと、今の教科書には音声が無料でついているので、音声CDは購入不要です。昔は数千円していたので、めちゃくちゃ嬉しいです^^)

 

 

楽天booksなら送料無料!!

 

以下の文ですが、必ず理解したら、音声を聞いて真似して言う(音読)。

さらには文章を見ずに「見上げて言う」をしてください。

実力が爆上がりします!!

 

中1 Unit2 part2 (ユニット2パート2) 教科書 42ページ 本文から

Do you like music?

あなたは音楽は好きですか?

 

like = 「〜を好む」を意味するdo(一般)動詞

英語の動詞はたったの2種類。be動詞はam, is , areしかない。

それ以外は do動詞 です。(do動詞は僕が創った造語です。doはする、と言う意味の動詞、

この動詞がすべてdoで疑問文を作るものになります。)

 

こちらの文は普通は You like music. あなたは音楽が好きです。

like は do 動詞なので、疑問文を作る時は、Doを最初に起きます。

 

Do you like music?

 

答えは、Yes, I do. はい、好きです。

No, I don't. いいえ、好きではありません。

Doで聞いたらdoで答えます。

 

また、今回の教科書の本文のように、Yes! だけでも大丈夫です。

 

本文に戻ります。

 

Yes !

はい!

 

Great.

すばらしい。

「すばらしい」を意味する形容詞です。

形容詞は、日本語で言えば「い」で終わる cold 「寒い」beautiful 「美しい」glad 「嬉しい」

のようなものです。

 

 

Do you play an instrument?

あなたは楽器を演奏するんですか?

 

英語は1つ・1人を区別します。1人・1つと区別でき、その際、a、anを使うんですよね。

an を使う場合は、後ろの名詞の始まりの音がポイントです。

a,i,u,e,oの音で始まる、つまり母音で始まる場合は、anに変えます。

an egg 「1つの卵」 an apple 「1つのりんご」 an umbrella 「1つの傘」

 

Yes, I do.

はい、演奏します。

 

I play the trumpet a little.

僕はトランペットを少し演奏します。

 

楽器の演奏のときは、play the 楽器、となります。

play the guitar ギターを弾く

play the drums ドラムを弾く(たたく)

play the flute フルートを弾く

play the piano ピアノを弾く

 

Really?

本当に?

 

Do you practice it every day?

あなたはそれを毎日練習するんですか?

 

it = trumpet それ= トランペットです。

 

No, I don't. 

いいえ、弾きません。

 

I practice it on weekends.

僕はそれを週末に練習します。

 

it = trumpet それ=トランペットですね。

 

practice は練習する、と言う意味のdo動詞(一般動詞)

そのため、疑問文にするなら、Do you practice it on weekends?

あなたはそれを週末に練習しますか?

 

weekends は「週末」

「平日」はちなみにweekdays になります。

on weekendsは「週末に」、on weekdays で「平日に」、

on は週末や平日に使われる前置詞です。

前置詞→名詞の前に置かれる言葉です。

 

Fine.

いいですね。

 

fineは「良い」を意味する形容詞です。

 

We usually practice on Mondays, Wednesdays, and Fridays.

私たちは普通は、月曜日、水曜日、金曜日に練習します。

 

usually は「ふつう、たいてい」を表現する頻度の副詞です。

頻度の副詞は通常、主語と動詞、今回はwe と practiceの間に入ります。

 

頻度の副詞はこれを覚えましょう。

always いつも 100パーセント

usually ふつう 80パーセント

often よく 50パーセント

sometimes ときどき 20パーセント

never 1度もない 0パーセント

 

I sometimes play the piano.

僕はときどきピアノを弾きます。

 

I never play the flute.

僕は一度もフルートを弾きません。

 

Mondayは月曜日、sがついてMondaysとなると、複数形で毎週月曜日と言う意味になりあす。

曜日も覚えてしまいましょう。

Monday 月曜日

Tuesday 火曜日

Wednesday 水曜日

Thursday 木曜日

Friday 金曜日

Saturday 土曜日

Sunday 日曜日

 

Come and play with us!

来て、私たちと一緒に演奏して!!

 

come = 「くる」

play = 「弾く」

どちらもdo動詞(一般動詞)、主語がなく、このように動詞だけの場合は、命令形と言われて、「〜しなよ」という軽い誘いから「〜しなさい」という命令までを表現します。

これの意味は、軽く言うのか?それとも重く言うのか?の違いでこの差は出せます^^

 

with 〜 = 「〜と一緒に」を表す前置詞です。

us は人称代名詞、「私たちに(を)」を意味します。

英語には「は」「が」「の」「を」「に」を表すものがないので、単語が変わって表現します。

We 私たちは(が) our 私たちの us 私たちを(に) ours 私たちのもの

 

となります。