さとし先生@TOEICトーイック、英検対策、中学と高校の英語復習

英検対策、中学と高校で使われる英語教科書の解説をしています。

here we go 中3 和訳 unit7 part2(ヒアウィーゴー ユニット7 パート2)

光村図書 ヒアウィーゴー here we go の中3 本文 Unit 7 part 2 を和訳していきます。

学校の授業をより理解できるように解説していきます。

 

現役中学生はもちろん、中学3年生以上から大人まで英語をやり直したい人に、光村図書の教科書は秀逸なので是非ぜひオススメします。

 

もし、本気で学びたい場合は、教科書ガイドを購入することが超オススメです。

教科書の本文が訳されていて、さらには英単語も品詞+発音、意味、とすべて書かれているので、調べる手間暇を考えると、確実に時間短縮につながります。

(なんと、今の教科書には音声が無料でついているので、音声CDは購入不要です。昔は数千円していたので、めちゃくちゃ嬉しいです^^)

 

 

楽天booksなら送料無料!!

 

以下の文ですが、必ず理解したら、音声を聞いて真似して言う(音読)。

さらには文章を見ずに「見上げて言う」をしてください。

実力が爆上がりします!!

 

中3 Unit7 part2 (ユニット7パート2) 教科書 92ページ 本文から

My own culture is different from Japanese culture, 

私自身の文化は日本の文化とは違います

 

A be 動詞 + different from B

A は Bとは異なる、違う、を表現します。

own は自身の

 

but  the truth is that people are basically the same everywhere.

しかし真実は、人々はどこでも基本的には同じである、ということです。

 

truth は「真実」という名詞

that は接続詞で、主語+動詞がついて、主語が動詞すること、という意味になります。

 

basic は「基本」を表す名詞、「基本的な」を表す形容詞

basically は「基本的には」を表す副詞

sameは「同じ」を意味する名詞、また「同じの」を意味する形容詞でもあります。

everywhereは「どこでも」を表す副詞

 

I found that out in Japan.

私はそのことを日本で見つけました。

 

find out = 「見つけ出す、知る」の熟語

that = people are basically the same everywhereの意味

find - found - found (原形-過去形-過去分詞形)を覚えましょう。

 

We feel happy when we're with friends and family.

私たちは幸せに感じます、私たちが友達や家族と一緒にいるとき。

 

feel + 形容詞 = 形容詞を感じる

I feel cold. なら寒く感じる→寒気を感じる、風邪を引いた?のようになります。

 

We feel sad when we're lonely.

私たちは寂しく感じます、私たちが孤独である時

 

happy 「幸せな」を表す形容詞

happiness 「幸せ」を表す名詞

sad = 「悲しい」を表す形容詞

sadness = 「悲しさ」を表す名詞

lonely = 「孤独な」を表す形容詞

loneliness = 「孤独」を表す名詞

 

共通したものを覚えると語彙が増えます。

 

It's important to respect each other and try to understand each other.

お互いのことを尊敬することとお互いのことを理解しようとすることは大切です。

 

ここでの it = to respect each other and try to understand each other のことです。

try + to 不定詞で「〜しようとする」

 

I learned this from my experiences in Japan.

私はこのことを日本での経験から学びました。

 

If I could speak to that worried girl of three years ago,

もし私が3年前のその心配していた女の子に話すことができたとしたら、

 

今回の重要表現です。

If 主語 + 過去形の動詞(今回は助動詞のcould)

は仮定法(仮に決めた文で実際には起きないこと)を表現します。

 

speak to 〜 = 「〜に話す」を意味する熟語です。

that worried girl

that は その(指示代名詞)、

worried は心配しているという意味の形容詞

その心配している女の子

 

of three years ago

of は「〜の」を意味する前置詞なので「3年前の」の意味

 

I would say, "     ".

こう言うでしょう。

仮定法の文で、would を使うことで、ありえない現実を意味します。

 

例えば、If I were you, I would eat it.

もし私があなたなら、私はそれを食べるでしょう。

were はbe動詞の過去形で、普通はI につくのはwasなのですが、ありえない、という意味の仮定法ではwereがつくことが多いです。

 

" " の中の意味に進みます。

 

"There's no need to worry.

心配するための必要はない。

There's = There is の省略形で「〜がある」を意味します。

no need = 必要性はない、needは「必要」を意味する名詞です。

to worryは「心配するための」を意味するto 不定詞の形容詞的用法 

 

You're going to have a wonderful adventure in Japan!

あなたは日本で素晴らしい冒険を持つつもりです!!

 

be動詞 + going +  to 〜 = 「〜するつもりです」を表現する未来の表現

 

wonderful は「素晴らしい」を意味する形容詞

adventure は「冒険」を意味する名詞

 

これで、I would say " There's no need to worry. You're going to have a wonderful adventure in Japan!"

私はこう言うでしょう、"心配するための必要はありません。あなたは日本で素晴らしい冒険をすることになるでしょう。"

 

Now, I'm getting ready for another adventure:

今、私は別の冒険のために準備をしているところです。

be動詞 + 一般動詞のing形で現在進行形です。「〜しているところです」

get ready for 〜 = 〜のための準備をする、の熟語

 

:これはコロンで、直前の名詞、another adventure「別の冒険」のことを説明します。

 

another adventure : going to high school in London ロンドンにの高校に行くことという別の冒険

 

となります。

 

going は動名詞で「行くこと」と言う意味です。

 

But I have no worries,

しかし私は心配がありません、

 

because I know I can always come back and see you all.

なぜなら私は知ってるから、私がいつも戻ってきてあなたたちみんなに会えることを。

 

because は「なぜなら〜」を表現する接続詞

I know + 主語 + 動詞で主語が動詞することを私は知っている。

 

come backは「戻る」を意味する熟語

you all あなたたちすべて、の意味です。