さとし先生@TOEICトーイック、英検対策、中学と高校の英語復習

英検対策、中学と高校で使われる英語教科書の解説をしています。

中2 New Crown 和訳 lesson 3 part2 (ニュークラウン レッスン3 パート2)

中2 ニュークラウン レッスン3 ゲットパート2 重要な点を解説します。

中学校の授業にしっかりとついていけるように

さらには大人の方は英会話の学習としても役立てるように、解説していきます。

 

中2クラウンのLesson3 Get Part2 ハイキング hiking

Did you enjoy hiking this morning?

あなたは今朝ハイキングを楽しみましたか?

 

DId は過去形を意味して、一般(do)動詞の過去形の疑問文を作ります。

 

重要ポイント 一般(do)動詞 + 動名詞

英語の一般(do)動詞はその後ろにing形しかとらない動詞があります。

 

中学で覚えたい3つは

enjoy + ing = 〜を楽しむ

finish + ing = 〜を終わる

stop + ing = 〜をやめる です。

 

今回はenjoy + hiking で「ハイキングを楽しむ」になります。

 

It was excellent.

それは素晴らしかったです。

 

It = hiking ハイキングのことです。

excellent = 「素晴らしい」を意味する形容詞

 

Walking in the woods was fun.

森の中を歩くことは楽しかったです。

 

walking = 動名詞 walk 「歩く」にingがつくと、動詞が名詞化する=動名詞と言う形になります。

 

in the woods = 森の中

fun = 「楽しい」を意味する形容詞

 

Lesson3 part2 では こちらの表現も大切「付加疑問文」

There was fog in the morning, wasn't there?

朝は霧がありましたよね?

 

付加疑問文とは、この文のように、通常の文 + 動詞 + 主語?をつけることで、「〜ですよね?」と言う意味を表現します。

 

基本的には肯定文, + 否定の疑問(時制は一致)

否定文 + 肯定の疑問(時制は一致)、になります。

 

be動詞の付加疑問文

You are Satoshi, aren't you? あなたはさとしですよね?

You aren't Takeshi, are you? あなたはたけしではないですよね?

 

一般(do)動詞の付加疑問文

You like apples, don't you? あなたはりんごが好きですよね?

You don't like bananas, do you? あなたはバナナは好きではないですよね?

 

例外として、

Let's dance, shall we?ダンスしましょうね?

Help me, will you? 手伝ってくれるよね?

 

のような付加疑問文もあります。

 

本文に戻ります。

 

There was fog in the morning, wasn't there?

朝、霧がありましたよね?

 

Yes. ありました。

Yes, there was. の省略形です。

 

Why is that?

それはなぜですか?

 

that = there was  fog in the morning

朝に霧があったこと

 

When warm moist air cools down at night, it becomes fog.

あたたかい湿った空気が夜に冷えると、それは霧になります。

 

when = 「〜のとき」を意味する接続詞

warm = 「あたたかい」を意味する形容詞

moist = 「湿った」を意味する形容詞

air = 「空気」を意味する名詞

cool down = 冷える、を意味する熟語

at night = 夜に、を意味する熟語

 

it = warm moist air あたたかくて湿った空気

become = 「なる」を意味する一般(do)動詞、

主語が3人称単数なので、一般(do)動詞にはsがつき、becomesになります。

fog = 「霧」を意味する名詞

 

That's interesting.

それは面白い。

 

that = when warm moist air cools down at night, it becomes fog.

前の文を受けます。