さとし先生@TOEICトーイック、英検対策、中学と高校の英語復習

英検対策、中学と高校で使われる英語教科書の解説をしています。

中2 New Crown 和訳 Reading for fun1 (ニュークラウン 和訳 リーディングフォーファン)

中2 ニュークラウン リーディングフォーファン の和訳のポイントと英語文法の重要点を解説します。

中学校の授業にしっかりとついていけるように

さらには大人の方は英会話の学習としても役立てるように、解説していきます。

 

基本的に訳は前から後ろ、前から後ろに訳していきます。

この方が長文読解として、早く読めるようになります。

 

A pot of poison 毒の入った鉢

A Pot of Poison 毒のポット(鉢)

 

pot 「鉢」名詞

poison 「毒」名詞

 

I'm going to see a friend.

私はお友達に会いに行くつもりです。

 

be動詞 + going + to 〜 = 〜するつもりです、未来を表現する言い方です。

 

I'll be back in a few hours.

私は戻ってくる予定です、あと数時間で。

 

I'll = I will の短縮形

will = 「〜する予定」を意味する助動詞です。

助動詞の後は動詞は原形になるので、am がbeになっています。

be going to の先ほどのと違う点は、be going to は以前から決まっていた予定、will は今決めた予定、である違いがあります。

in 時間 = 「時間で」という意味のinは前置詞

a few = 2,3 のという意味で、数えられる名詞の前につきます。

hours = 「時間」hourの複数形

 

Yes, Master.

はい、師匠。

 

master = 「師匠」名詞

 

Do you see that pot on the shelf?

あなたは見えますか、あの鉢を、棚の上にある?

 

that = 「あの」指示形容詞

on = 「〜の上に」前置詞

shelf = 「棚」名詞

 

Yes, Master.

はい、師匠。

 

Don't touch it.

それに触れてはいけません。

 

don't から始まり主語がなく、動詞からスタートする文は命令形の否定文になります。

it = that pot

 

Don't open it.

それを開けてはいけません。

 

これも命令形の文

it = that pot

 

It's full of poison.

それは毒で満たしている。

 

it = that pot

it's = it is の短縮形

be動詞 + full + of 〜 =「 〜で満ちている」熟語

 

Poison?

毒?

 

Poison!

毒!

 

We'll be careful.

私たちは注意します。

 

careful = 「注意深い」形容詞

 

Be very, very careful.

とても、とっても注意しなさい。

 

主語がなく、動詞から始まっている文は命令文です。

very = 「とても」副詞

 

We will, Master. We will.

私たちはそうします、師匠。私たちは(気をつけます)。

 

これは We will be very very careful, Master. We will be very, very careful. の省略形になります。

 

Don't worry, Master.

心配しないで、師匠。

 

worry = 「心配する」動詞

 

We are always careful.

私たちはいつも注意深いです。

 

always =「いつも」副詞

 

The Master will return soon.

師匠はまもなく戻ってくるでしょう。

 

return =「戻る」動詞

soon =「まもなく」副詞

 

Shall we clean the room?

私たちは部屋を掃除しましょうか?

 

shall we 〜 ? 

〜しましょうか?と勧誘する言い方。

= let's 〜、と言い換えができます。

Let's clean the room. 掃除をしましょう。

 

Yes, let's.

はい、しましょう。

 

I'll wipe the floor.

私はフロアを拭きます。

 

wipe=「拭く」動詞

 

What do you think about the pot?

あなたは鉢について何を思いますか?

 

What do you think about 〜? は「〜はどう思いますか?」の意味になります。

 

What do you mean?

あなたは何を意味しますか? = どういう意味ですか?

 

mean = 「意味する」動詞

 

Is it really full of poison?

それは本当に毒で満たされていますか?

 

it = the pot

be動詞 + full + of 〜 = 〜で満たされている

 

Hmm. うーん

 

Give it to me, and shut the door.

それを私によこせ、そしてドアを閉めなさい。

 

動詞からスタートするものは命令形ですね。

give 物 to 人 = 物を人に与える

it = the pot

shut = 「閉める」動詞

 

I'll check it out.

私がそれを確かめましょう。

 

it = the pot

check 物 out = 物を確かめる

 

Don't!

やめなさい!

 

Don't check it out.

確かめるな。

 

There's brown stuff in it.

茶色のものがあります、それの中に。

 

there is + 単数名詞 もしくは 数えられない名詞「〜がある」

stuff = 「もの」名詞→数えられない名詞になります。

in = 「中に」前置詞

it = the pot

 

It smells nice.

それは素敵なにおいがします。

It = the pot

 

smell = 「においがする」動詞

nice = 「素敵な」形容詞

 

I'll try some.

私はいくらか試食してみます。

 

try =「試す、試食する」動詞

some = 「いくらか」代名詞

 

Wait! 

待て!

 

wait = 「待つ」動詞

 

It's poison!

それは毒です。

 

it = brown stuff 茶色のもの

it's = It is の短縮形

 

No, it's delicious!

いいえ、それは美味しいです!

 

deliciou =「美味しい」形容詞

it's = it is の短縮形

it = brown stuff

 

Have some.

いくらか食べて。

 

have 「食べる」動詞、haveには食べるの意味があります。

some「いくらか」代名詞

 

You're right.

あなたは正しいです。

 

You're = You are の短縮形

right = 「正しい」形容詞

 

It is delicious.

それは美味しい。

 

it = brown stuff 茶色のもの

 

It's sugar!

それは砂糖だ!

 

it = brown stuff

 

I'm full.

私はお腹いっぱいです。

 

I'm = I am の短縮形

full = 「お腹いっぱいの」形容詞

 

Oh no, the pot is empty!

あら、まあ、鉢が空です!

 

empty = 「空の」形容詞

 

We ate all of it.

私たちはそれのすべてを食べちゃいました。

 

ate = eat「食べる」の過去形

all = 「すべて」名詞

of = 「〜の」前置詞

it = brown stuff

 

We're in trouble.

私たちは困った状態です。

 

We're = we are の短縮形

trouble = 「困難」

in =「〜の中」前置詞

in trouble = 「困った状態」になります。

 

Wait a minute.

少し待って。

 

a minute = 1分

転じて、wait a minute で少し待って、という意味になります。

 

I have an idea!

私は考えがあります。

 

 Let's break his special plate.

彼の特別あん皿を割りましょう。

 

break =「壊す」動詞

his =「彼の」人称代名詞

he 彼は(が) his 彼の him 彼を(に) his 彼のもの

活用も覚えましょう。

special 「特別な」形容詞

plate「お皿」名詞

 

What do you mean?

あなたは何を意味しますか? = どういう意味ですか?

 

You'll see.

あなたは見るでしょう。→あなたは今にわかりますよ。

see =「見る、わかる」動詞

 

One, two...

1、2...

 

You must be kidding!

あなたは冗談に違いない。

 

must = 「〜にちがいない」を意味する助動詞

must = have to で「〜しなければいけない」の意味もあります。

 

Stop!

止めて! (やめて)

 

Three! 

3

 

No!

だめ。

 

I can't believe you broke it.

私は信じられない、あなたがそれを壊したなんて

 

believe の後にthatが省略されていて、主語が動詞することを

という意味になります。

 

broke = break「壊す」動詞の過去形

it = his special plate 彼の特別な皿

 

Now we're really in trouble.

今(さあ)、私たちは本当に困った状態になりました。

 

Now = 「さあ」副詞ですが、間投詞的に使うことがあります。

 

Don't worry.

心配しないで。

 

I have a plan.

僕は計画があります。

 

I'm back.

私は戻りました → ただいま

 

I'm back. は日本語で言う「ただいま」に当たります。

 

What's going on?

何が起きているのだ?

 

Master, we broke your special plate.

師匠、私たちはあなたの特別なお皿を割りました。

 

You awful boys!

お前たち、とても悪い子達よ!

 

awful =「とても悪い」形容詞

 

I'll punish you for that!

私はお前たちにそれのための罰を与えるだろう。

 

I'll = I will の短縮形

punish = 「罰する」動詞

you = 3人いるので、お前たちになります。

for = 「〜に向かって」前置詞

that = you broke my special plate お前たちが私の特別なお皿を割ったこと

 

You don't have to.

あなたはその必要はありません。

 

don't have to 〜 = 〜する必要はない

これはYou don't have to punish us for that!

の省略形。

 

We punished ourselves.

私たちは自分たち自身を罰しました。

 

ourselves = 「私たち自身」名詞

 

Because we broke your plate....

なぜなら私たちがあなたのお皿を壊したので。。。

 

We ate the poison in the pot.

私たちは鉢の中の毒を食べました。

 

I can feel the poison now.

私は今、毒を感じることができます。

 

can = 「〜できる」助動詞

feel = 「感じる」動詞

now = 「今」副詞

 

My ears are ringing.

私の耳が鳴っているところです。

 

ears = 「耳」earの複数形

be動詞 + 一般(do)動詞のing = 現在進行形

〜しているところです、と言う意味になります。

 

Agghhhhhh!

あぁあああああ!

 

Ah...

あぁ。