さとし先生@TOEICトーイック、英検対策、中学と高校の英語復習

英検対策、中学と高校で使われる英語教科書の解説をしています。

中2 New Crown 和訳 Lesson7 Part2 (ニュークラウン 和訳 レッスン7パート2)

中2 ニュークラウン レッスン7 パート2 の和訳のポイントと英語文法の重要点を解説します。

中学校の授業にしっかりとついていけるように

さらには大人の方は英会話の学習としても役立てるように、解説していきます。

 

基本的に訳は前から後ろ、前から後ろに訳していきます。

この方が長文読解として、早く読めるようになります。

 

落語 rakugo

Welcome to my rakugo show.

私の落語ショーにようこそ。

 

Welcome to 〜 = 〜へようこそ

空港などでよく、Welcome to Japan. ようこそ日本へ、など書いてありますね。

 

レッスン7 パート2 の重要文 現在完了形の経験の文

Have you ever seen rakugo?

あなたはいままでに落語を見たことがありますか?

 

ever =「いままでに」副詞

→ 現在完了形の経験の用法に使われます。

 

例) 

Have you ever been to Canada?

あなたは今までにカナダに行ったことがありますか?

 

If you have never seein it,

もしあなたが見たことがなかったら、

 

here are some points to remember.

ここに、いくつか覚えておくべきポイントがあります。

 

never =「一度も〜ない、決して〜ない」副詞

現在完了形の経験で使われます。

 

have + seen (一般動詞seeの過去分詞形) で現在完了です。

see - saw - seen の(現在 - 過去形 -過去分詞形)の活用形も覚えましょう。

 

here is + 単数の名詞

here are + 複数形の名詞

「ここに〜があります」

 

some points 「いくつかのポイント」

to remember = to + 一般動詞の原形なので、to 不定詞、

「覚えておくべき」いくつかのポイントとなるので、形容詞的用法

 

A single performer tells a story and acts out the conversations among all the characters.

たった1人の演者がお話を語り、登場人物全員の会話を演じます。

 

single =「たった1人の、たった1つの」形容詞

performer =「演者」名詞

perform = 「実演する」動詞

 

act out = 演じる

conversations = conversation「会話」の複数形

among = 「(3人以上)の間の」前置詞

characters = character「登場人物」の複数形

 

扇子・・・sensu

 

The performer uses a sensu and a tenugui to represent many things.

その演者は扇子やてぬぐいを使います、多くのものを表すために。

 

uses = 主語がThe performer(3人称)なので、3人称単数のsがついています。

sensu=「扇子」

tenugui=「てぬぐい」

 

to represent = to + 動詞の原形→to 不定詞

represent =「表す、意味する」動詞

たくさんの物事を表すために、となるので、副詞的用法になります。

 

Let's begin.

始めましょう。

 

let's + 動詞の原形で、「〜しましょう」の意味になります。

 

Q &A What does the rakugo performer use a sensu and a tenugui for?

落語演者が扇子や手ぬぐいを何のために使いますか?

 

To represent many things.

多くの物事を表すために。