さとし先生@TOEICトーイック、英検対策、中学と高校の英語復習

英検対策、中学と高校で使われる英語教科書の解説をしています。

マイウェイ my way 高校1年生Lesson1 section1の和訳とポイント

現役塾講師のさとしがマイウェイ my way の高校1年生教科書のLesson1 section1 レッスン1 セクション1の和訳とポイントについて解説していくページです。

 

マイウェイ my way レッスン 1 セクション1本文の和訳とポイント

世界中のことわざ Proverbs around the world

Proverbs Around the World 

世界中のことわざ

 

In my high school days, 

わたしの高校の日々の中で、

 

proverbs helped me a lot.

ことわざたちは、私をたくさん助けてくれました。

 

in は「〜の中で」

high school days は高校の日々→高校生活と訳しても良いです。

proverbs = proverb「ことわざ」名詞の複数形

me = 「私を(に)」人称代名詞

日本語の「を」「に」がない文化の英語では、単語が変わることで、その代わりになります。

I 私は(が) my 私の me 私を(に) mine 私のもの

a lot = 「たくさん」副詞

 

They come from people's common experiences.

それらは人々の共通の経験や伝統的な知識から来ます。

→ それらは(ことわざ)は人々の共通の経験や共通の経験から成り立ってます。

 

they = proverbs ことわざ

複数形の名詞の代名詞

come from = 〜からくる、出身を言う時もある表現

people's = 人々の

「 ' 」アポストロフィ〜がある場合は、「〜の」という意味になります。

例) Satoshi's 「さとしの」、Tokyo's 「東京の」

common 「共通の」形容詞

experiences = experience「経験」の複数形

traditional 「伝統的な」形容詞、tradition 「伝統」名詞も覚えよう。

knowledge 「知識」

 

One famous proverb is " A friend in need is a friend indeed." 

1つの有名なことわざは「必要な時の友達が、実際の友達だ」

 

One 「1つの」形容詞、名詞「1」の意味ももちろんあります。

famous 「有名な」形容詞

in need 「必要な状態」

他にも、in danger 「危険な状態」などを表現します。

indeed 「本当に」副詞

 

A true friend stands by you when you have trouble.

本当の友達はあなたのそばにいる、あなたが困難があるときに。

→ 本当の友達はあなたが困っている時にあなたのそばにいる。

 

true =「本当の、真実の」形容詞

stand = 「立つ」動詞

stand by 〜 = 「〜のそばにいる」

when = 「とき」接続詞

trouble = 「困難」名詞

 

Another proverb is " Where there is a will, there is a way."

別のことわざは、「意志がある場所に、道がある。」

 

another = 「別の」形容詞

where = 「〜というところ」関係副詞

本来は、There is a way where there is a will. の語順で、

道がある、意志があるという(場所に)。

 

これが倒置法になっていて、

Where there is a will 意志があるという場所に、という意味になっています。

 

倒置法になっていると、意味が深く感じられますよね。

 

will 「意志」名詞

これは助動詞の「〜する予定です」と言う意味ではなく、名詞です。

way 「道」名詞

 

When you do something,

あなたが何かをするとき

 

when =「〜のとき」接続詞

something = 「何か」名詞

 

have a clear goal and work hard

明確な目標をもち、懸命にやりなさい

 

今回は have「持つ」動詞から始まる文なので、命令形の文です。

clear = 「明確な」形容詞

goal = 「目標」名詞

work = 「働く、おこなう」動詞

hard = 「懸命に」副詞

 

Then you reach the goal in the end.

そのあと、あなたはその目標にたどり着く、最後に。

 

then = 「そのあと」副詞

reach = 「たどりつく」動詞

the = 「その」冠詞

goal = 「目標」名詞

in the end = 「最後に」熟語

 

Proverbs often encourage us when we need help.

ことわざはよく、私たちを元気づけます、私たちが助けが必要なとき。

 

often = 「よく」副詞

頻度の副詞と呼ばれます。

 

always 「いつも」100パーセント

usually 「ふつうは」80パーセント

often 「よく」50パーセント

sometimes 「ときどき」20パーセント

never 「1度も〜ない」0パーセント

 

encourage 「元気づける」動詞

courage は「勇気」名詞、enがつくと動詞になることが多いです。

 

例えば、large は「大きい」形容詞、これにenをつけて、enlarge 「大きくする」動詞、light 「明るい」、これをenlighten で「明らかにする」動詞

 

enlighten なんて、enを前にも後ろにもつけちゃってます笑

 

need = 「必要とする」動詞

help =「助け」名詞

今回、we need help のこのhelpは名詞の「助け」です。

もしneedがなければ、helpだけでしたら動詞「助ける」の意味になります

 

We help. 私たちは助けます。

 

このように英語では、同じ単語が複数の意味を持ちます。

例) white 「白」という名詞の意味も「白い」という形容詞の意味もあります。

 

Proverbs enrich our lives.

ことわざは私たちの生活(人生)を豊かにします。

 

enrich = 「豊かにする」動詞

これもenがrich「お金持ちの、豊かな」形容詞についた形ですね^^

 

our「私たちの」

we 「私たちは(が)」 our「私たちの」 us 「私たちを(に)」 ours 「私たちのもの」

 

lives = life「生活、人生」名詞の複数形

feで終わるときはvesと複数形になります。

 

例)

knife =「ナイフ」の複数形はknives

wife = 「妻」の複数形はwives 

 

この解説はわかりやすかったでしょうか?

 

何かご要望などあれば、お問い合わせ欄からお問い合わせください。