さとし先生@TOEICトーイック、英検対策、中学と高校の英語復習

英検対策、中学と高校で使われる英語教科書の解説をしています。

マイウェイ my way 高校1年生Lesson5 section2の和訳とポイント

現役塾講師のさとしがマイウェイ my way の高校1年生教科書のLesson5 section2 レッスン5 セクション2の和訳とポイントについて解説していくページです。

 

英語は前から後ろ、前から後ろに訳していくと早く読めるようになります。

意識して、前から後ろに訳していきましょう。こちらの訳の解説でも前から後ろを意識してお伝えしています。

 

教科書74ページ

カナダの言語の1つがendangered languages

Section2

 

Can you give more examples of endangered languages?

〜してくれませんか、あなたは、与える、もっと例を、絶滅寸前の言語?

→ あなたは絶滅寸前の言語の例をもっとくれませんか?

 

give = 「与える、くれる」動詞

more = 「もっと」副詞

examples = example「例」名詞の複数形

of = 「〜の」前置詞

 

 

Sure. もちろん

 

Tsimshian is an example from Canada.

Tsimshian は例です、カナダからの。

→ ツィムシアンはカナダからの例です。

 

 

It is a language which one of the indigenous peoples speak.

それは、言語です、〜のうちの1つ、土着の民族、話す。

→ それは、先住民のひとつが話す言語です。

 

it = Tsimshian

one of 〜 = 〜のうちのひとつ

indigenous = 「土着の」形容詞

peoples = peopleの複数形で、「民族」

 

 

This language has a word "ts'iwox."

この言語はあります、単語を、ツウォホ。

→ この言語はツウォホという単語があります。

 

 

It means to eat snacks before going to bed.

それは意味する、食べる、お菓子を、前に、ベットに行く(寝に行く)

→ それは、寝る前におやつを食べるという意味があります。

 

it = ts'iwox = ツウォホという単語

eat = 「食べる」動詞

snacks = snack「軽い食事、おやつ」名詞の複数形

before = 「〜の前に」前置詞

going = go「行く」の動名詞、前の単語がbeforeという前置詞なので、後ろは名詞になります。

go to bed = ベッドに行く(寝る)

 

 

That sounds fun!

それは面白く聞こえる→面白そう。

 

that = ツウォホが寝る前にお菓子を食べることを意味することです。

sound = 「聞こえる」動詞

fun = 「楽しい」形容詞

 

 

Traditionally, Tsimshian people live by fishing and have an early dinner.

伝統的に、ツィムシアンの人々は生活します、〜によって、魚釣り、そして食べます、早い夕食を。

→ 伝統的にツィムシアンの人々は魚釣りをすることで生活していて、早い夕食を食べています。

 

traditionally = 「伝統的に」副詞

live = 「生活する」動詞

by = 「〜によって」前置詞

fishing = 「魚釣り」名詞

have = 「食べる」動詞

early = 「早い」形容詞

dinner = 「夕食」名詞

 

 

After dinner, they often talk with their family or friends until late.

夕食後、彼らはよく話します、〜と一緒に、彼らの家族、もしくは友達、〜まで、遅く。

→ 夕食後、遅くまで彼らはよく家族や友達と話します。

 

after = 「〜のあと」前置詞

they = Tsimshian people = 彼らは

often = 「よく」副詞

talk with 〜 = 〜と話す

their family = 彼らの家族、

or = それとも

until = 「まで」前置詞

late = 「遅さ」名詞

 

 

When they become hungry, they eat snacks, including seafood.

とき、彼らがなる、お腹が空く、彼らは食べます、おやつ、含んでいる海産物。

→ 彼らはお腹が空いた時、彼らは海産物を含んだおやつを食べます。

 

When 主語 動詞 = 主語が動詞する時

they =  Tsimshian people

become = 「なる」動詞、become - became - become 原形 - 過去形 -過去分詞形も覚えましょう。

hungry = 「お腹が空いた」形容詞

eat = 「食べる」動詞、eat - ate - eaten 原形 - 過去形 - 過去分詞形も覚えましょう。

including = include「含む」動詞の現在分詞形「含んでいる」

seafood = 「海産物」名詞

 

 

I see. なるほど

 

How many speakers are there?

何人の話してがいますか?

 

how many + 複数形の名詞で「いくつの?」「何人の?」の意味になります。

speakers = speaker「話して」名詞の複数形

speak は「話す」動詞、これにerがつくと人になります。

例) teach 教える 、teacher 教える人= 先生

eat 食べる、eater 食べる人

 

 

Only about 100 speakers remain 

たった約100人の話し手が生き残っています

 

only = 「たったの」形容詞

remain = 「生き残る、とどまる」動詞

 

because many Tsimshian people use English instead of their own language.

なぜなら、たくさんのツィムシアンの人々は使います、英語を、代わりに、彼らの自分自身の言語の。

→ なぜならたくさんのツィムシアンの人々は、彼ら自身の言語の代わりに英語を使っています。

 

because = 「なぜなら〜です」接続詞

many = 「たくさんの」形容詞

use = 「使う」動詞

instead of 〜 = 〜の代わりに

their = 「彼らの」代名詞

they 彼らは(が) their 彼らの them 彼らを(に) theirs 彼らのもの

own = 「自身の」形容詞

 

 

This shows major languages influence speakers of minority languages.

このことは示します、主要な言語たちが影響を与える、話して、〜の、少数民族の言語。

→ このことは主要な言語たちが、少数民族の言語の話し手に影響を与えることを示しています。

 

This = 直前の文の、たくさんのツィムシアンの人々が英語を使っているということ

shows = show「示す」動詞の3人称単数現在形のsがついた形。

showのあとは接続詞のthatが省略されています。

show that 主語 動詞で「主語が動詞することを示す」になります。

 

major = 「主要な」形容詞

influence = 「影響を与える」動詞

minority = 「少数民族の」形容詞