さとし先生@TOEICトーイック、英検対策、中学と高校の英語復習

英検対策、中学と高校で使われる英語教科書の解説をしています。

英検3級2022年第1回過去問の会話文、大問2の解説と重要ポイント

英検3級の会話文問題の解説と重要ポイント

英検3級2022年第1回過去問の会話文、大問2の解説と重要ポイントをお伝えしていきます。

 

過去問はこちらのサイトから手に入れてください。

→ 3級の過去問・対策 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会

 

16) Woman1: I often have lunch at the Treetop Cafe.

私はよくランチを食べます、ツリートップカフェで。

 

often = 「よく」副詞

have = 「持つ、食べる」動詞

eat も食べるという動詞ですが、eatはガツガツ食べる動作を表現し、haveは少しお上品な感じです。

 

Woman2: I do, too. 私もです。

(                    )

 

Woman 1: OK.

いいですよ。

 

選択肢

1 Have you tried the spaghetti there?

あなたはそこでスパゲッティを試したことがありますか?

have + tried(動詞の過去分詞形) で現在完了形、ここでは「〜したことがありますか?(経験)」を尋ねています。

 

2 May I take your order?

注文をお取りしても良いでしょうか?

may I 〜 = 許可をもらう表現です。

 

3 Shall we go there together sometime?

近々一緒にそこにいきましょうか?

 

shall we = let's 〜しましょう

sometime = 「近々、そのうち」

 

 

4 Can you make some for me?

あなたはいくらか私のために作ってくれませんか?

 

ということで、答えは3 になります。

 

 

17) Mother: I'm going to order the chicken curry.

母:私はチキンカレーを注文するつもりです。

 

am going to = 〜するつもりです、と将来のことを伝える表現です。

order = 「注文する」動詞 

 

What about you, Fred?

あなたはどうする、フレッド?

 

what about you は「あなたはどうする?」と意見を聞く時の表現です。

 

Son: (                        ) It looks delicious.

それは美味しそうに見えます。

 

選択肢1 I'll have the same. 僕も同じものを食べます。

I'll = I will

will「〜の予定です、その時決めた意見の時も使う」助動詞

same = 「同じ」名詞、the sameで同一のもの、と言う意味になります。

 

2 I went to a restaurant.

僕はレストランに行きました。

 

3 Not at the moment.

今はいらないです。 I do not have anything at the moment. 私は今は何も食べません、の略。at the moment = 今の所

moment = 「瞬間」名詞

 

4 I hope you're right.

私はあなたが正しいことを望んでいます。

hope = 「望む」動詞、そのあとは接続詞のthat が省略されています。

that + 主語 + 動詞= 主語が動詞すること、と言う意味になります。

right = 正しい、大問1で出てきたwrongは間違い、で対で覚えましょう。

 

ということで、答えは、1 I'll have the same. 同じものを食べます。

the chicken curry = the same = it が同じ意味です。

 

 

18) Boy: I called you last night, but you didn't answer the phone.

男の子:僕は君に電話をかけたんだ、昨夜、でも君は電話に答えなかった(出なかった)。

 

called = call 「呼ぶ、電話をかける」動詞の過去形

last night = 昨晩

didn't は一般動詞の過去形の否定文に用いられます。did not の短縮形です。

answer = 「答える、電話に出る」動詞、didn't のあとは原形になります。

 

Girl: Sorry, (                 ) I have to give it to my English teacher.

女の子:ごめんね。(                 ) 私はそれを英語の先生に渡さなきゃいけないんだ。

 

have to = must = 〜しなければいけない。

17) もそうでしたが、18) もitが何かを見抜く問題です。

 

選択肢を見ていきます。

 

1 I forgot about your question.

私はあなたの質問について忘れました。forgot = forget「忘れる」動詞の過去形

forget - forgot - forgot (原形 - 過去形 -過去分詞形)の活用を覚えましょう。

 

これを選んだ場合、it = それ = your questionになるので、おかしいことになります。

 

2 I was writing a report.

私はレポートを書いていました。

be動詞+動詞のing形は、進行形、と呼ばれるものになります。

今回は過去形になっているので「〜していました」

 

今回の文ではこれが一番最適なので、2が正解です。レポートを先生に渡す必要があったということになります。

 

3 I don't have a phone.

私は電話がありません。

 

4 I don't know the answer.

私は答えがわかりません。

 

 

19) Grandmother : I can't hear the TV, Tony. It's very quiet.(                 )

おばあちゃん:私はテレビが聞こえないわ、トニー。それはとても静かです。(               )

can't = can not の短縮形で、「〜できない」を表す助動詞

hear = 「聞く」動詞 hear - heard - heard(原形-過去形-過去分詞形)を覚えましょう。

また、listen to = 「聴く」こちらは耳を傾けて聴くときに使われます。

 

it = the TV

quiet = 「静かな」形容詞、対の言葉にloud「うるさい」があります。

 

Grandson: Sure, Grandma. I'll do it right now.

孫:わかったよ、おばあちゃん。僕はそれをすぐにやります。

it が何か?をみぬくんですよね。

right now = すぐに

 

選択肢を見てみましょう。

1 May I borrow your radio?

私はあなたのラジオを借りれますか?

May I 〜? = 許可を得るための表現

 

2 Is it too loud for you?

それはあなたにとってあまりに大きいですか?

 

3 Do you like this program?

あなたはこのプログラムが好きですか?

 

4 Can you turn it up for me?

あなたは私のためにボリュームを上げてくれませんか?

 

Can you 〜? = 「〜できますか?」と聞いてお願いする表現です。

turn up = ボリュームを上げる、熟語です。

turn down はボリュームを下げる。

it = the TV

 

ということで今回の選択肢は、4 になります。

it = turning the TV up テレビのボリュームをあげること、になります。

 

 

20) Daughter: Can we go shopping for clothes tomorrow?

娘:私たちは服を見に明日ショッピングに行けますか?

 

clothes = cloth 「服」名詞の複数形

 

Father : (                ) I'm really busy this week.

お父さん:(                    ) 僕は今週は本当に忙しいんだ。

 

busy = 「忙しい」形容詞、対の言葉はfree「ひまな」形容詞

 

選択肢を見ましょう。

1 You're probably right.

あなたはおそらく正しいです。

probably 「おそらく、たぶん」副詞

 

2 Maybe some other time.

たぶん、違うときに = また今度ね →やんわり断る時の定番の表現です。

 

今回の文脈にあうので、2が正解

 

3 They're in my bedroom.

それらは私の寝室にあります。

 

4 Thanks for this present.

このプレゼントをありがとう。