さとし先生@TOEICトーイック、英検対策、中学と高校の英語復習

英検対策、中学と高校で使われる英語教科書の解説をしています。

New Horizon 中3 和訳 unit6 Scene1 (ニューホライズン ユニット6 シーン1)

東京書籍 ニューホライズン new horizon の中3 本文 Unit6 scene1 を和訳していきます。学校の授業をより理解できるように解説していきます。

 

現役中学生はもちろん、大人の方まで英語をやり直したい人に、教科書は秀逸なので超オススメします。

 

もし、本気で学びたい場合は、教科書ガイドを購入することがオススメです。

教科書の本文が訳されていて、さらには英単語も品詞+発音、意味、とすべて書かれているので、調べる手間を考えると、確実に時間短縮につながります。

(なんと、今の教科書には音声が無料でついているので、音声CDは購入不要です。昔は数千円していたので、めちゃくちゃ嬉しいです^^)

 

 

楽天で買う

Amazonで買う

 

backpack バックパックとは写真のような荷物入れ

 

School backpacks travel overseas.

学校のかばん=ランドセルは旅行する、海外を

→ ランドセルは海外を旅行する。

 

backpacks = backpack「バックパック」名詞の複数形

バックパック・・・「バックパック」とは、「背中に担ぐ荷物袋」を表す英語で “backpack” と書きます。

引用元:https://kawanishikaban.com/wp/archives/1749

 

 

"I wish I could go to school."

私が学校に行けたらなぁ。

 

wish = 「望む」動詞

I wish I could 〜 仮定法

仮定法とは「こうであったら良いなぁ、と仮に定めた法則」

ありえないことなので、I wish と現在形で言ったあと、I could と過去形の形をとって、現在ではありえないけれど、こうだったら良いなということを表現します。

 

ここでは、学校に絶対行けない環境の子達が、学校に行けたら良いなと思っていることを表現しています。

 

他にも、 I wish I could fly. 私が飛べたらなぁ。

このように言います。

 

 

"I wish I had pens and notebooks." 

私が、ペンやノートを持っていたらなぁ。

 

これも仮定法の文。

wishのあとhad = have「持つ」動詞の過去形になっています。

have - had - had 原形 - 過去形 - 過去分詞形も覚えておいてください。

 

pens = pen「ペン」名詞の複数形

notebooks = notebook「ノート」名詞の複数形

 

 

Children in some parts of the world feel this way.

子どもたち、いくつかの部分にいる、世界の、感じる、この方法で。

→ 世界のいくつかの部分(一部にの地域)にいる子どもたちは、このように感じます。

 

children = child 「こども」名詞の複数形

some = 「いくらかの」形容詞

parts = part「一部」名詞の複数形

feel = 「感じる」動詞

this way = 「この方法で、このように」

 

 

We are running a campaign to help them.

私たちは走らせています、キャンペーンを、助けるため、彼らを。

→ 私たちは彼らを助けるためにキャンペーンを行なっています。

 

 

are running = be動詞 + 動詞のing形 = 「現在進行形=〜しているところです」を意味します。

run a campaign = キャンペーンを展開する、行う

campaign = 「キャンペーン」名詞

キャンペーン(campaign)とは、企業、団体、あるいは芸能人などの個人が社会に対する宣伝活動を行うことである。

引用元:英語「campaign」の意味・使い方・読み方 | Weblio英和辞書

 

 

Send us unused school supplies, and we will give them to those children.

 

送って、私たちに、使われていない、学用品を、そうしたら、私たちは、それを、その子どもたちに渡します。

→ 私たちんい使われていない学用品を送って、そうしたら、私たちはそれらをそれらの子どもたちに送るでしょう。

 

send = 「送る」動詞

send 人 + もの = 人にものを送る

send 動詞から始めるのは命令文となります。

unused = 「使われていない」形容詞

school supplies = 学用品

学用品:学用品(がくようひん)とは、児童・生徒が学習や学校生活などに使用する物の総称である。文房具の他、靴、衣類、鞄、楽器など、その種類は多岐にわたる。

引用元:School suppliesとは - わかりやすく解説 Weblio辞書

 

 

supplies = supply 「供給品、支給品」名詞の複数形

will = 「未来の予定を表現する」助動詞

give もの to 人 = ものを人に渡す

give 人 もの という順番にもできます。

them = school supplies

those children = 前に出ていた「それらの子どもたち」今回は、学校に通いたいなぁ、ペンやノートがあったらなぁと言っている世界の一部の子どもたちのこと

 

 

You can also donate your old school backpack.

あなたはできます、また、寄付する、あなたの古いランドセルを。

→ あなたはまた、あなたの古いランドセルを寄付することができます。

 

donate = 「寄付する」動詞

your = 「あなたの」代名詞

you あなたは(が) your あなたの you あなたを(に) yours あなたのもの

old = 「古い」形容詞、反対の言葉はnew = 「新しい」形容詞

school backpack = ランドセル

 

 

It can have a new life overseas.

それはできます、持つ、新しい人生、海外で

→ それは海外で新しい人生を送ることができます。

 

It = your old school backpack

overseas = 「海外で」副詞

 

 

 

New Horizon Unit6 Scene1 をより理解できるために

教科書が理解できたら、次はテストの点数アップや実生活で使えるを目指しましょう。

知識は覚えて使いこなして、はじめていきます。

オススメ教材などはこちらから

 

www.49good.net