さとし先生@TOEICトーイック、英検対策、中学と高校の英語復習

英検対策、中学と高校で使われる英語教科書の解説をしています。

New Horizon 中3 和訳 unit3 Read and Think2 (ニューホライズン ユニット3 リード2)

東京書籍 ニューホライズン new horizon の中3 本文 Unit3 Read and Think 2 を和訳していきます。学校の授業をより理解できるように解説していきます。

 

現役中学生はもちろん、大人の方まで英語をやり直したい人に、教科書は秀逸なので超オススメします。

 

もし、本気で学びたい場合は、教科書ガイドを購入することがオススメです。

教科書の本文が訳されていて、さらには英単語も品詞+発音、意味、とすべて書かれているので、調べる手間を考えると、確実に時間短縮につながります。

(なんと、今の教科書には音声が無料でついているので、音声CDは購入不要です。昔は数千円していたので、めちゃくちゃ嬉しいです^^)

 

 

楽天で買う

Amazonで買う

 

ゴリラ Gorilla

Some gorillas are also on the Red List.

いくつかのゴリラもまたレッドリスト上にいます。

 

also = 「〜もまた」副詞

 

 

According to a study,

ある研究によると

 

according to 〜 = 〜によると

 

 

the largest gorillas in the Congo may die out soon.

最も大きなゴリラ、コンゴ(国)にいる、かもしれない、死に絶える、まもなく。

→ コンゴにいる最も大きなゴリラはまもなく死に絶えるかもしれません。

 

largest = large「大きい」形容詞の最上級

may 「〜かもしれない」助動詞

die out = 死に絶える

soon = 「まもなく」副詞

 

 

There are many reasons, such as hunting, logging, and mining.

あります、たくさんの理由、〜のような、狩り、材木切り出し、そして採鉱。

→ 狩りや材木切り出し、そして採鉱のようなたくさんの理由があります。

 

reasons = reason「理由」名詞の複数形

such as 〜 = 〜のような

hunting = 「狩り」名詞

logging = 「材木切り出し」名詞

mining = 「採鉱」名詞

採鉱・・・鉱石を掘り取ること。

 

 

Surprisingly, our electronic devices are one of these reasons.

驚くことに、私たちの電子機器がこれらの理由の1つです。

 

 

surprisingly =「驚くことに」副詞、surprise「驚き」

electronic = 「電子の」形容詞

devices = device「装置」名詞の複数形

one of 複数形の名詞 = 〜のうちの1つ

these = 「これらの」指示形容詞、this「この」指示形容詞の複数形

reasons = reason「理由」名詞の複数形

 

 

To make these devices, we need some special metals.

これらの機器を作るために、私たちは必要です、いくつかの特別な金属が。

→ これらの機器を作るために、私たちはいくつかの特別な金属が必要です。

 

to make = to不定詞、「〜するために」という副詞的用法です。

need = 「必要とする」動詞

some = 「いくつかの」形容詞

special = 「特別な」形容詞

metals = metal「金属」名詞の複数形

 

 

Some of these metals come from the gorillas' habitat.

いくつかの、これらの金属、から来る、ゴリラの生息地

→ これらの金属のいくらかは、ゴリラの生息地から来ます。

 

some of 〜 = 〜のうちのいくつか

come from = 〜から来る

gorillas' = gorillas に「'」アポストロフィがつくことで、複数形の「ゴリラたちの」と言う意味になります。

1匹ならば、this gorilla's のようになりますが、複数形のgorillasには「 ' 」アポストロフィがついて、「ゴリラたちの」と言ういみになります。

habitat = 「生息地」名詞

 

 

If we use more devices, more of their habitat may be destroyed.

もし私たちがもっと多くの機器を使うならば、より多くの彼らの生息地が壊されるかもしれません。

 

more = many「もっと多くの」形容詞の比較級で「もっと」

more of = 「より一層、より多くの」

be destroyed = be動詞 + 過去分詞で受け身形「〜される」=壊される

destroyed = destroy「壊す」動詞の過去分詞形

 

 

These gorillas may not survive.

これらのゴリラたちは生き残れないかもしれません。

 

may not 〜 = 「〜しないかもしれない。」助動詞

 

 

We have to understand this.

私たちはこのことを理解しなくてはいけません。

 

have to = must = 〜しなくてはいけない

understand = 「理解する」動詞

this = 生息地を奪われたゴリラたちは生き残れないかもしれないこと

 

 

Why do we have to protect these animals?

なぜ、私たちは、しなければいけない、守る、これらの動物たちを

→ なぜ私たちはこれらの動物たちを守らなければいけないのでしょうか?

 

Why = 「なぜ」疑問詞

protect = 「守る」動詞

 

 

Each animal has its own role in the ecosystem.

各々の動物は持っています、それの独自の役割を、生態系の中で

→ 各々の動物が生態系の中で独自の役割を持っています。

 

each = 「それぞれの、おのおのの」形容詞

its = 「それの」代名詞

role = 「役割」名詞

ecosystem = 「生態系」名詞

 

 

If we lose one species, it affects many others.

もし私たちが失うなら、1つの種族を、それは影響を与えます、多くのほかの種族を

→ もし私たちが1つの種族を失うなら、それは多くのほかの種族に影響を与えます。

 

species = 「種」名詞

speciesは単数も複数も同じ形

it = one species

affects = affect 「影響を及ぼす」動詞の3人称単数現在形

others = 他のもの

 

 

Human beings are also part of this ecosystem.

人間はまた、一部です、この生態系の

→ 人間はまた、この生態系の一部です。

 

human beings = 人間

part of 〜 = 〜の一部

 

 

We are all related to each other.

私たちはみんな関連しています、お互いに。

→ 私たちはみんなお互いに関連しています。

 

be related to 〜 = 関連している

関連・・・ある事と他の事とが、重なり合ったり、呼応したりして接続していること

引用元:関連(かんれん)の類語・言い換え - 類語辞書 - goo辞書

例) Nobody knows that I'm related to that surprise party.

誰も、私があのサプライズパーティーに関与しているなんて知らない。

 

each other お互いに

 

 

So it is important for us to take action now.

だから、私たちが今、行動を取ることが大切です。

 

it is 形容詞 for 人/もの to 動詞の文

人/ものが動詞するのは形容詞です。

例) It is important for us to save the world.

私たちが世界を救うのは大切です。

 

take action = 行動を取る

 

 

Let's help the animals survive.

〜しましょう、助ける、その動物たち、生き残る

→ その動物たちが生き残るをの助けましょう。

 

let's 〜 = 〜しましょう

help 人/もの 動詞の原形で、人/もの 動詞の原形するのを手伝う

 

例文) 

Please help me study math.

お願い、私が数学を勉強するのを手伝って!!

 

the animals はred list に掲載されている絶滅危惧にある動物のことですね。

 

 

 

New Horizon Unit3 Read and Think2 をより理解できるために

教科書が理解できたら、次はテストの点数アップや実生活で使えるを目指しましょう。

知識は覚えて使いこなして、はじめていきます。

 

オススメ教材などはこちらから

 

www.49good.net