さとし先生@TOEICトーイック、英検対策、中学と高校の英語復習

英検対策、中学と高校で使われる英語教科書の解説をしています。

New Horizon 中1 和訳 unit9 part1 (ニューホライズン ユニット9 パート1)

東京書籍 ニューホライズン new horizon の中1 本文 Unit9 part1 を和訳していきます。学校の授業をより理解できるように解説していきます。

 

現役中学生はもちろん、大人の方まで英語をやり直したい人に、教科書は秀逸なので超オススメします。

 

もし、本気で学びたい場合は、教科書ガイドを購入することがオススメです。

教科書の本文が訳されていて、さらには英単語も品詞+発音、意味、とすべて書かれているので、調べる手間を考えると、確実に時間短縮につながります。

(なんと、今の教科書には音声が無料でついているので、音声CDは購入不要です。昔は数千円していたので、めちゃくちゃ嬉しいです^^)

 

 

楽天で買う

Amazonで買う

 

ここから本文です

 

Look at this picture.

この写真を見て!

 

look at 〜 = 〜を見る、熟語

動詞からスタートしている文=命令文「〜して、〜しなさい」

this =「この」指示形容詞

picture = 「写真」名詞

 

 

This is Lily Smith.

こちらはリリースミスです。

 

this = 「こちらは」指示代名詞

人を紹介したり、ものを紹介する時に使います。

また、電話の時も使います。

 

 

She's my cousin.

彼女は私のいとこです。

 

she's = she is の短縮形

cousin =「いとこ」名詞

 

 

She works as a doctor in different countries.

彼女は働いています、医者として、異なる国々で

→ 彼女は異なる国々で医者として働いています。

 

she = 「彼女は」名詞

works = work「働く」動詞の3人称単数形

doctor = 「医者」名詞

different = 「異なった」形容詞

countries = country「国」名詞の複数形

yの前が子音字(母音じゃない、a,i,u,e,oじゃない)だとyをiに変えてesをつけます。

また、different countries異なる国々、と書いてあるので、彼女は、いろんな国々で働いていることがわかります。

 

 

She always wants to help people in need.

彼女はいつも助けたいです、人々、必要のある

→ 彼女はいつも、困っている人々を助けたいです。

 

always =「いつも」副詞

wants to help = 助けたい

people = 「人々」名詞

in need = 「必要がある→困っている」

inのような前置詞+名詞で形容詞や副詞、名詞の役割になります。

people in need = 困っている人々

 

 

Now she's working at a small Hospital in Kenya.

今、彼女は働いているところです、小さな病院、ケニヤにある

→ 今、彼女はケニヤにある小さな病院で働いています。

 

She works as a doctor in different countries.

このworkと、

Now she's working at a small Hospital in Kenya.

このworkingでは、少し意味が違います。

最初の文では、習慣として、ずっと今までいろんな国で働いてきたということを表現し、

下の文では、今のところは、ケニヤで働いているという現在進行形になっています。

今後移動する可能性があることなどもほのめかしています。

 

 

She helps sick people there every day.

彼女は助けます、病気の人々を、そこで、毎日

→ 彼女は毎日そこで病気の人々を助けています。

 

sick =「病気の」形容詞

there = 「そこ」副詞、ここではin a small hospital in Kenya

every day =「毎日」副詞

 

 

It's sometimes difficult,

それは時々難しいです

 

it = helping sick people 

病気の人を助けること

sometimes = 「ときどき」副詞

difficult = 「難しい」形容詞

 

 

but she tries to do her best.

しかし、彼女はトライしています、ベストを尽くすことを

→ しかし彼女はベストを尽くそうとしています。

 

tries = try「挑戦する」動詞の3人称単数形

do one's best = ベストを尽くす

one'sにはherのような所有格が入ります。

 

所有格 his 彼の my 私の your あなたの ours わたしたちの their 彼らのなど

 

 

 

I want to be like her.

私はなりたい、彼女のように

→ 私は彼女のようになりたいです。

 

be = 「なる」動詞

like =「〜のように」前置詞

her = 「彼女に(を)」代名詞の目的格

like という前置詞の後は、目的格がきます。

 

目的格 me私を him彼を you 私たちを us 私たちを them 彼らを

 

 

I'm not sure about my future job,

私は確信はないです、〜について、私の未来の仕事

→ 私は私の未来の仕事について確信はないです。

 

sure = 「確信して」形容詞

I'm not sure = 私は確信していません。

about = 「〜について」前置詞

future = 「未来の、将来の」形容詞

 

 

but I want to  help others, too.

しかし、私は助けたいです、他の人を、〜も。

→ しかし、私も他の人たちを助けたいです。

 

others = 「他の人、他者、他人」名詞

, too = 文尾について「〜も」を指します。動詞にかかる副詞です。

そのため、私も助けたい、となります。

他者も助けたいではないことに注意してください。

 

 

New Horizon 中1 Unit9 part1 をより理解できるために

学校の成績を上げたい人はもちろん、英語を今よりもわかるようになりたい人にオススメの教材3つ

 

www.49good.net

 

3種の神器・・・これを持っていたら鬼に金棒教材を、現役塾講師が厳選して紹介しています。