中学・高校の英語・英検の勉強プリント-大人の英語学び直しにも

中学と高校の英語教科書の解説。英語の成績をあげていきましょう。

マイウェイ my way 高校1年生Lesson9 section2の和訳とポイント

マイウェイ my way の高校1年生教科書のLesson9 section2 レッスン9 セクション2の和訳とポイントについて解説していくページです。

 

教科書134ページ

 

When did Kadono develop her imagination?

いつ、角野さんは養わったのでしょうか、彼女の想像力を。

→ いつ角野さんは彼女の想像力を養ったのでしょうか?

 

develop = 「発展させる、開発する、養う」動詞

imaginataion =「想像力」名詞

 

角野さんが想像力を養った時は?レッスン9セクション2の和訳と解説

 

my way の教科書ガイド 公式ガイドブックです。

楽天で買う場合はこちら 

Amazonで買う場合はこちら

 

 

Kiki's Delivery Service and my other works were born from my imagination.

キキのデリバリーサービスと私の他の作品は生まれました、私の想像力から

→ キキの配達サービス(魔女の宅急便)と私の他の作品は私の想像力から生まれました。

 

were born = 生まれた

例) I was born in Japan. 私は日本で生まれました。

 

It developed during my childhood.

それは養われました、私の子ども時代の間に。

→ それは私の子ども時代の間に養われました。

 

it = my imagination

during = 「間」前置詞

childhood = 「子ども時代」名詞

 

 

When I was five, my mother passed away.

私が5歳の、母が亡くなりました。

 

passed away = 亡くなった

 

 

During the obon period, my father used to speak to her as if she were there.

お盆の時期、父は、話しかけていました、彼女に、まるで彼女がそこにいるかのように。

→ お盆の時期、父は母がそこにいるかのように話しかけていました。

 

period=「時期」名詞

used to 〜 =「以前は〜していた」今はしていない時に使います。

speak to 〜 = 〜に話しかける

as if S V(過去形) = まるでSがVしているかのように

 

 

He said to her, "Welcome back.

彼は彼女にいいました、「おかえり。」

 

We moved the furniture.

僕たちは家具を移動したんだ。

 

moved = move「動かす、動く」動詞の過去形

furniture=「家具」名詞

 

 

Be careful not to bump into anything."

〜しないように気をつけて、ぶつかる、何かに

→ 何かにぶつからないように気をつけて。

 

be careful = 「気をつけて」

be careful not to 〜 = 「〜しないように気をつけて」

bump into 〜 = 「〜にぶつかる」

バンプと発音するので、バンッとぶつかるイメージをすると覚えやすいかもしれません。

 

 

Although I could not see my mother, I believed that she was with us.

私は母を見えなかったけれど、私は信じました、彼女が私たちと一緒にいたことを。

 

although S V = SがVだったけれども

 

 

I became curious about the invisible world.

私はなりました、興味津々に、見えない世界について

→ 私は見えない世界について興味津々になりました。

 

became = become「なる」動詞の過去形

curious =「興味津々な」形容詞

curious about 〜 = 〜について知りたがる

invisible = 「見えない」形容詞

 

 

以下は続きとQ&A の答え135ページのsummary、Grammar、Interactionの答えと解説、テスト対策問題が掲載されています。有料の価値ありと思いますので、良かったらご購入ください。

この続きはcodocで購入