気分が上がる情報

気分が上がる情報やお得な情報をまとめたブログです。

塾のスタート、きっかけは突然に!!天職との出会い?

f:id:good49:20200608175930j:plain

子どもたちの塾スタートのきっかけ

今回は弊社の塾、意外なスタートのきっかけについてお伝えしたいと思います。

 

弊社は子ども英会話学校で、塾の営業や運営は一切考えていませんでした。

 

ところがある日、塾を始めないといけない出来事が起こったのでした。

 

きっかけは、突然でした。

 

 

きっかけは一本の電話からでした

f:id:good49:20200608181630j:plain

一本の電話が突然鳴りました。

話は7年ほど前に遡ります。

 

いつも通り、最後の英会話のクラスが終わって9時くらいまで事務作業をしていた時でした。

 

一本の電話が弊社までかかってきました。

 

「娘が家出をしました。そこで、突然なのですがお願いがあって。」

「今からでも会っていただけませんでしょうか?」

 

なんだなんだ??

 

それは、通っている生徒の親御さんからの電話でした。

 

とにかく

「〇〇が家出して、親御さんがパニックになっているから、とりあえずうちに来て話しをしたいそう。とりあえず準備をして。」と社長が話をしました。

(ちなみに私は取締役で、代表取締役社長が他にいます笑)

 

そのため、急遽、親御さんを出迎える準備をしました。

 

塾が大嫌いで、大阪まで家出をしてしまったという

f:id:good49:20200608182921j:plain

今の生活がいやになって大阪に1人家出してしまった

娘さん3名を英会話学校に通わせてくれていた親御さん。

 

お父さんは大阪に出張していたのですが、今の間だけ帰ってきているとのことで、お父さんとお母さん2名で、とても焦った様子で教室に来られました。

 

それもそのはず。

大事な娘が、お父さんの出張先の大阪に家出をしてしまったというのです。

(ちなみに、弊社は神奈川県横浜市にあります。)

 

お話いただいた内容はこのようなものでした。

 

中学3年生で、来年の高校受験のために学習塾に入れたのだけれど、その学習塾がイヤで、行きなさいと強く言ったところ、家から出て行ってしまった。

 

娘さんとしては、

「もう塾は通いたくない。」「こんな生活はいやだ。」

 

でも、

 

親御さんとしては、

「高校だけはせめて入学して、そして卒業して欲しい。」

 

そんな口論が続いたそうです。

 

娘さんは小学校の時に学校に通えない時期があり、中学校でもほとんど勉強ができていなかったそうです。

 

だから、親心としては中学3年生の夏休み前からかなり力を入れなければ、高校に入学できない、だから週に4日、5日と予定を組んで塾に入れたそう。

 

しかし、娘さんには合わなかった。

娘さんにはその生活が窮屈すぎて、大阪に突然家出してしまった。

 

親御さんとしては、どうしたら良いかわからない。

そこで、英会話学校である私たちに何か救いの手がないのか?と思い立ったそうです。

 

親御さんの土下座のお願い。断れない・・・ということは天命です。

f:id:good49:20200608183635j:plain

断れないお願いは、、、天命です。

私はSatoと言うのですが、

「Satoさん、どうにか教えてくれませんでしょうか?」

と私が国立大学出身というのをどこか噂で聞かれたそうで、私にお願いをされたのでした。

 

「どうか、お願いします。」

人生で初めて、目の前で土下座をされました。

お父様、お母様のお二人両方ともです。

 

私は、子どもたちに受験を教えたことは一切なかったのですが、

斎藤一人さんから、天職のお話を聞いていました。

 

仕事は選ぶものじゃなく、呼ばれるもの。
斎藤一人

 

天職とは英語ではCalling (コーリング)と言います。

call = 電話をかけること。

 

文字通り、神様からの電話。神様からの呼びかけ。

まさに、これは神様からの呼びかけなのではないか?

 

そう思って、10秒くらい考えたのですが、

「わかりました。初めてですが、やってみます。」

と返事をしたのでした。

 

これが、弊社が塾をスタートしたきっかけです。

そこから、奇跡のようなことがたくさん起こり始めました。

 

そのお話は次回からまた更新させていただきたいと思います。

 

P.S.塾が天命と思った理由は、、、他にもありました。

塾が大嫌いで大阪まで家出した子は、僕のところに通うことも断られるかもしれない、と親御さんは言っていました。

 

しかし、その場で電話してみて、険悪な雰囲気だったのですが、

「英会話学校のSato先生が教えてくれるけど、お前、来るか?」

と言うと、

 

2つ返事で「うん、やってみる」と言ったのです。

 

これ、本当に不思議なのです。

 

塾が大嫌いだったんじゃないの?と思いながら、その子と向き合って一緒に学習していこうと思いました。