気分が上がる情報

気分が上がる情報やお得な情報をまとめたブログです。

天命で始めた仕事では、生徒が奇跡を起こしてくれる事を体感しました!

f:id:good49:20200610101424j:plain

その家出少女に、奇跡が起きました。

前回までで、私が塾を始めるきっかけと、全くの塾未経験から、様々な助けが出たことをお伝えしました。

 

天命で塾を始めるきっかけはこちら

www.49good.net

 

全くの塾未経験から、様々な助けが出たお話はこちら

www.49good.net

 

今日はそちらの続きになります。

 

 

天命で始めた仕事には、運も味方をしてくれるようになる

これまで、お世話になっていた人が塾の先生だったこと。

 

これですごい奇跡を感じました。

 

さらに神奈川県の受験制度も、私の味方をしてくれました。

 

前回もお伝えしたのですが、神奈川県の入試は、私立も公立もともに、「学校の成績が重視される」と高校説明会の時に、説明がありました。

 

そこに続きがあったのです。

 

なんと、

私立高校によっては、中学3年生の時の成績だけで良い学校もある!!!

と言うのです。

 

中学3年生の時の成績とは、11月末もしくは12月初旬に出る進路用の成績のことになります。

 

家出少女と学習を共にしていた時、

 

・小学校の漢字はわからない

・数学もやる意味がわからない

・英語はアルファベットがかろうじて書けるだけ

 

当然、成績表は1や2がオンパレード。。。

 

これは正直、間に合わないかもしれない、と絶望でした。

 

しかし、この説明会に出てから、光明がさしてきました。

 

f:id:good49:20200610102436j:plain

家出少女と私の将来に光明がさしてきました

 

「今からでも間に合う可能性がある」

 

もしかしたら、絶対受からないと思っていた家出少女が「受かる」可能性がある。

 

その日から、学習内容を大幅に変更しました。

 

私の指導に指針が見えてきて、家出少女もその変化を体感しました 

12月に出る成績によって、合否が近づくのであれば、12月までに、学校の成績をなんとしてでもあげよう。

 

学校はノートの提出、レポートの提出など提出物によっても成績が左右された学校でした。

 

実は私、提出物は中学校の時、得意だったんです。

 

そのため、『提出物で、評価点があげられるかもしれない』とワクワクがはじまりました。

 

その読みはあたり、家出少女のノートの作り方、提出物の書き方の指導をするようになると、

 

みるみると、C評価だったノートがBやBマルに、時々Aに、と取れるようになっていきました。

 

夏休みがもう迫っている→夏休みが楽しみに

学校の成績をあげることを目標にしたら、

「やばい、夏休みがもう迫っている。時間がない」と言う気持ちから、

 

「夏休みの課題をしっかりと行って、先生に評価してもらえる。これはチャンスだ」

という気持ちに変化しました。

 

じっくりと夏休みの課題に取り組むと、私も家出少女も精神的な気持ちが落ち着いてきました。

 

そして、なんと、家出少女も積極的に勉強に取り組む姿勢が見えてきました。

 

小学生の漢字や英語を自分からも楽しく勉強し出したのです。

 

家出少女の成績表から1が少なくなった

そして、なんと、夏休み明けに出た成績で、学校の成績で1や2ばかりだったのが、1教科だけですが、3を取れるようになり始めました。

 

家で全く勉強しなかったその女の子が、少しずつ家でも自主的に勉強するようになりました。

 

成績表から1がなくなり始めました。

 

高校はどうやら、1が入っていると受からないようでした。

 

最後の成績までもう少し。

 

私と家出少女は二人三脚でがんばりました。

 

天命から始めた塾で、奇跡が起きました。

絶対受からないだろう、と思われていたその子。

 

最後の進学用の12月の成績で、1が入らない成績表を頂きました。

 

あれだけ大嫌いと言っていた塾にも関わらず、私の塾にはいつも時間通りに来てくれました。

 

そして翌年の2月、無事に第一志望の私立高校に合格しました。

 

合格発表の日はドキドキでした。

 

私は新大久保に来て、焼肉を食べていたのですが、その時、電話が鳴りました。

 

生徒から嬉しい声で「受かりました。ありがとうございます。」と。

 

私は安堵の気持ちと、様々なことに力を与えて頂き、ありがたさ気持ちが同時に出てきました。

 

私の唯一の塾生だった彼女が卒業しました。

 

そのため、この天命は一過性のものかなと思っていたのです。

 

しかし・・・

 

続きは次回に