気分が上がる情報

気分が上がる情報やお得な情報をまとめたブログです。

元不登校から東京へ。劇団の審査通知は来ていた。でも、冷静になった。

感謝してます。ブログを読んでいただきありがとうございます。

 

僕の塾には、様々な生徒が来ています。

 

学校に行けない、塾が大嫌い、学校が面白くない、、、

 

そんな生徒の気持ちが分かり、少しでも楽しく楽しくと行うと、生徒がひっきりなしに来てくれるようになりました。

 

学校に行けなかった僕。この経験が今、生徒たちの心がわかるになっているのかもしれません。

 

 

劇団の審査通知を実は母が捨てていた?

f:id:good49:20200629102600p:plain

劇団からの手紙の行方は???

前回、東京に是が非ても出たい、と思った高校生の時。

 

勉学以外で、東京を目指すことにしました。

 

そこで、僕は劇団に写真を撮って自ら応募をしていました。

 

しかし、待てども待てども結果は来ず。。。不採用と思っていました。

 

 

しかしある時、高校から帰宅すると一枚の封筒が郵便ポストに来ていました。

 

見覚えのある劇団の名前です。

 

もしかしたら、何かの通知???

 

そこで開けてみると 

「劇団〇〇です。先日から、一次審査通過の連絡をしているのですが、二次審査にお越しになる日程などの返信がないため、最後の通告です。」

 

えっ?

 

てっきり、僕は、劇団で写真の時点でアウトと思っていたのですが、審査が通っていたらしい。。。

 

しかし、僕には届いていないということは、、、

  

もしかしたら、怪しい広告と思って捨てた???いやいや、僕の名前宛てに来ている。

 

ではなぜ???

 

そう、母が通知を捨てていたようなのです。

 

 

核心に迫った結果、母が家を飛び出した・・・

f:id:good49:20200630133600j:plain

審査結果を伝えた後の母は悲しそうだった。

母に「劇団からの合格通知来ていたんだ。東京で二次審査だって。

 

行って来ても良いかな?」

 

そう伝えると、母は悲しい顔をしながら、何も言わずに外に出て行きました。

 

その時、直感で、

 

「まずいことをした」

 

と思いました。

 

やっと、高校に戻れて、普通の生活ができると思っていた

 

母の安心感を裏切ってしまったのです。

 

ここまで手塩にかけてきた息子が、高校を中退して、東京に出て行くかもしれない。

 

母は気持ちの整理をしたかったのだと思います。

 

そのあと、4時間後くらいに、髪をバッサリと切って帰って来ました。

 

東京に出るにはもう、大学に合格するしかない

不登校になって、母や父にたくさん愛情をもらっていました。

 

そんな私。

 

それが、母や父の気持ちを考えると、、、

 

「大学に合格して、福島を離れるしかない。」

 

その時の母を見て思いました。

 

その日から、大嫌いな高校、大嫌いな勉強と格闘をはじめました。

 

不登校にもなったので、学習なんてまっぴらだったのですが、そんなことも言ってられませんでした。

 

勉学に面と向き合わなくてはいけなくなりました。

f:id:good49:20200629103354p:plain

勉強をせざるを得なくなり、学ぶ才能が開花

勉強をせざるを得なくなりました。

 

父と母のために。そして、自分の将来のために。

 

そこで、一番避けていた勉学と面と向き合わなくてはいけなくなりました。

 

 

中学校まで、なぜか数学が得意でした。

 

そのため、理系に所属していたのですが、

 

高校の数学、理科は大嫌いになっていました。

 

ある参考書に出会うことで、苦手だった国語が開花する

そこで、たまたま本屋さんで出会った国語の本を学習すると、学校の授業よりも面白くなりました。

 

その本が、

 講義形式になっていて、「なるほど」と思うことの目白押し。

 

国語が今まで解けなかったこと、苦手だと思っていたことの理由が分かりました。

 

中学校の時、偏差値が27かな、とったことがあったと思うのですが、

  

理系だった僕が、その時、文系の方が面白いのかもしれない、、、

 

と思うようになったのでした。

 

そして、大学受験に向けて、少しずつ勉強を開始するのでした。