さとし先生@TOEICトーイック、英検対策、中学と高校の英語復習

英検対策、中学と高校で使われる英語教科書の解説をしています。

here we go 中2 和訳 unit8 part2(ヒアウィーゴー ユニット8 パート2)

光村図書 here we go の中2 本文 Unit 8 part2 を和訳していきます。

学校の授業をより理解できるように解説していきます。

 

現役中学生はもちろん、中学3年生以上から大人まで英語をやり直したい人に、光村図書の教科書は秀逸なので是非ぜひオススメします。

 

もし、本気で学びたい場合は、教科書ガイドを購入することが超オススメです。

教科書の本文が訳されていて、さらには英単語も品詞+発音、意味、とすべて書かれているので、調べる手間暇を考えると、確実に時間短縮につながります。

(なんと、今の教科書には音声が無料でついているので、音声CDは購入不要です。昔は数千円していたので、めちゃくちゃ嬉しいです^^)

 

 

楽天で買う

Amazonで買う

 

 

以下の文ですが、必ず理解したら、音声を聞いて真似して言う(音読)。

さらには文章を見ずに「見上げて言う」をしてください。

実力が爆上がりします!!

 

Unit8 part2 (ユニット8パート2)本文以下から

Kota, Hajin, can you help us?

こうた、はじん、あなたたち、私たちを助けてくれませんか?

 

Kota, Hajin, は呼びかけです。

can you 〜? は「〜をできますか?」という意味ですが、「〜してくれませんか?」とお願いするときに使えます。

 

you は目の前の人を表す代名詞、あなたでも、あなたたちでもOK。今回はこうた、はじん、の2人、あなたたち。

 

usは「私たちを」を意味する代名詞。

we 私たちは(が) our 私たちの us 私たちを(に) ours 私たちのもの

と活用します。

 

We need more people. 

私たちはもっと人々が必要です。

 

I'm an athlete.

僕はアスリートだよ。

 

a + 名詞で1人の、ひとつの、を意味します。

aがanになるのは、その後ろの名詞の一番最初の発音がa, i, u, e, o の母音になるからです。

 

そのためアップルはan appleになります。

 

I don't know anything about acting or dancing.

僕は演技することやダンスすることについて何も知りません。

 

about は〜についてを表す前置詞。

acting 、dancingは動名詞になります。

演技すること、ダンスすること

 

Actually, the stage makes me nervous!

実際、ステージは僕を緊張させます。

 

今回の重要表現

make + 目的語 + 形容詞

目的語を形容詞の状態にさせる、です。

 

You make me happy. なら、あなたは私を幸せにさせる。

Eating ice cream makes me cold.

アイスを食べることは私を冷たくします。

 

Don't worry. 心配しないで。

 

We can practice together.

私たちは一緒に練習できます。

 

Kota, can you play the trumpet and dance on the stage?

こうた、ステージの上でトランペットを弾いてダンスできますか?

 

楽器を弾く時はplay + the + 楽器になります。

I play the guitar. 私はギターを弾きます。

I play the piano. 僕はピアノを弾きます。

 

Well, I can try.

ええっと、僕は試すことができるよ。

 

Yes, let's try it.

よし、それをやってみよう。

it = playing the trumpet and dancing on the stage

ステージ上でトランペットを弾いてダンスをすること

 

It'll make our performance more exciting!

それは私たちのパフォーマンスをもっとエキサイティングにするでしょう。

 

It'll = It will

It = Kota's playing the trumpet and dancing on the stage

こうたがステージ上でトランペットを弾いてダンスをすることです。

 

make + 目的語 + 形容詞ですね。

目的語を形容詞の状態にさせる、ですね。

 

It'll make our performance more exciting than now.

それは今よりももっと私たちのパフォーマンスをエキサイティングにさせるでしょう。

 

です。

 

 

Here we go 中2 unit8 part2 をより理解できるために

教科書が理解できたら、次はテストの点数アップや実生活で使えるを目指しましょう。

知識は覚えて使いこなして、はじめていきます。

また、中2でワークをしっかりとこなすことは、今後の進路へつながっていきます。

ぜひ、ワークを活用してみてください。

 

そのために利用するのにおすすめのワークが2つあります。

1つ目:ズバリよくでる 792円(税込)

 

長所

ズバリは要点がまとまっていて、熟語や基本文などを丸暗記したい時に便利です。

特に、テスト前に要点チェックをするのが便利です。

また、薄いので、やりきる・時間がないのでポイントだけおさえると言う人に便利です。

学校でワークが配られている人はこちらを1冊持っておくととても良いと思います。

 

短所

基本文などの練習ができません。また、問題数が教科書ワークに比べると少ないです。

そのため、基本文の練習をしたい場合は、後に紹介する教科書ワークの方が良いと思います。もし学校のワークがあれば、そちらをこなした後で、テスト前チェックならとても良いと思います。

 

 

楽天で買う

Amazonで買う

 

 

2つ目:教科書ワーク 1386円(税込)

 

長所

問題数が多い。基本文のトレーニングがなんどもできる

問題が多いため、1ページ1ページが丁寧に、作られている。

学校でワークを配られていない場合や、英語を特に丁寧にやっていきたい人におすすめ。

 

短所

分厚い。途中で終わってしまう可能性がある。

毎日の学習習慣がついていないと、ほとんどのページができていない状態で終わる。

時間のない人にはおすすめできない。

 

 

楽天で買う

Amazonで買う

 

ツワモノはどちらも買って、やりまくって、クラスで1番を取ってしまう人もいます。

あなたに合った方を使ってみてください。

 

楽天とAmazonは送料無料ですので、すぐに届き、学習開始できます。

英語の実力あげちゃいましょう。