さとし先生@TOEICトーイック、英検対策、中学と高校の英語復習

英検対策、中学と高校で使われる英語教科書の解説をしています。

マイウェイ my way 高校1年生Lesson6 section2の和訳とポイント

現役塾講師のさとしがマイウェイ my way の高校1年生教科書のLesson6 section2 レッスン6 セクション2の和訳とポイントについて解説していくページです。

 

英語は前から後ろ、前から後ろに訳していくと早く読めるようになります。

意識して、前から後ろに訳していきましょう。こちらの訳の解説でも前から後ろを意識してお伝えしています。

 

教科書88ページ

フィレンツェの有名なベッキオ橋

Section2

 

Traveling in Italy

イタリアを旅行すること

 

traveling = travel 「旅行する」動詞のing形 で動名詞「〜すること」

 

 

In Florence, an accident happened.

フィレンツェでは、事故が起きました。

 

Florence = 「フィレンツェ(イタリアの都市の名前)」名詞

 

 

I was moving my wheelchair on a road made of stones.

ぼくは動かしていました、車椅子を、〜の上、道、石で作られた。

→ ぼくは石で作られた道の上で車椅子を動かしていました。

 

was moving = be動詞 + ing形なので進行形。

過去形のbe動詞なので、「〜していた」となります。

on = 「〜の上、道などにつく」前置詞

made of 〜= 〜で作られた、このmadeはmake「作る」の過去分詞で「作られた」と訳します。

stones = stone「石」名詞の複数形

 

 

Suddenly, the right-front wheel came off.

突然、右の前の車輪が取れました。

 

suddenly = 「突然に」副詞

front = 「前の」形容詞

wheel = 「車輪」名詞

came off = come off 「取れる」の過去形、come - came - come 原形 - 過去形 - 過去分詞形の活用を覚えましょう。

 

 

The wheelchair would not move at all.

その車椅子はまったく動こうとしませんでした。

 

would は過去の意志、拒絶を表して、「どうしても〜しようとした」の意味の助動詞。今回は、「どうしても動こうとしなかった」という意志を表現しています。

 

not 〜 at all = まったく〜ない

 

 

I was at a loss.

ぼくは途方にくれました。

 

at a loss = 途方にくれて、と言う意味の熟語です。

 

 

 

Just then, someone asked, "Trouble?"

ちょうどその時、誰かが尋ねました、「トラブル?」

 

just = 「ちょうど」副詞

then = 「その時に」副詞

someone = 「だれか」名詞

asked = ask「尋ねる」動詞

trouble = 「トラブル、こまったこと」名詞

 

 

I saw an Italian man with his family.

ぼくは見ました、イタリア人の男性、〜と一緒、彼の家族

→ ぼくは家族と一緒にいるイタリア人の男性を見ました。

 

 

He looked at my wheelchair and said, 

彼はぼくの車椅子を見て言いました、

 

look at 〜 = 〜を見る

said = say「言う」の過去形、say - said - said 原形 - 過去形 - 過去分詞形を覚えましょう。

 

 

"One screw is missing.

一つのボルトがなくなっています。

 

screw = 「ねじ、ボルト」名詞

missing = 「なくなっている、紛失している」形容詞

 

 

You also need a wrench to fix it."

あなたはまた、必要です、レンチが、固定するために、それを。

→ あなたはまた、それを直すために、レンチが必要です。

 

also = 「〜はまた」副詞

need = 「必要とする」動詞

wrench = 「レンチ(工具)」 名詞

レンチは以下の楽天の商品を参考に。

fix = 「固定する、直す」動詞

to fix = 固定するために、to不定詞の副詞的用法です。

it = one screw = 1つのネジ

 

 

His wife found a wrench for me.

彼の奥さんが見つけました、レンチを、ぼくのために。

→ 彼の奥さんがレンチをぼくのために見つけてきてくれました。

 

wife = 「妻、奥さん」名詞、husband「夫、旦那さん」名詞と対で覚えましょう。

found = 「見つけた」動詞、find - found - found 原形 - 過去形 - 過去分詞形の活用を覚えましょう。

for = 「〜に向かって、〜のために」前置詞

 

 

His two kids started searching for the missing screw.

彼の2人の子ども達がはじめました、〜を探すことを、紛失しているネジ。

→ 彼の2人の子どもたちが、紛失しているネジを探し始めました。

 

his = 「彼の」代名詞

he 彼は(が) his 彼の him 彼を(に) his 彼のもの、も覚えましょう。

kids = kid「子ども」名詞の複数形

start + 動名詞 = 〜することを始める。

seach for = 〜を探す、今回はstart「始める」動詞の後ろなので、動名詞となっています。

missing = 「紛失している」形容詞

 

 

Soon, they screamed,

まもなく、彼らは叫び声をあげました、

 

soon = 「まもなく」副詞

they = his two kids 彼の2人の子どもたち

screamed = scream 「叫び声をあげる」動詞の過去形

 

 

"We found the screw!"

わたしたち(ぼくたち)見つけた、そのネジを!

→ わたしたち(ぼくたち)そのネジを見つけた!!

 

we = 「私たち、ぼくたち」代名詞

we 私たちは(が) our 私たちの us 私たちを(に) ours 私たちのもの

も覚えましょう。

found = find「見つける」動詞の過去形

find - found - found 原形 - 過去形 - 過去分詞形も覚えましょう。

 

 

All of the family helped me, and my wheelchir was finally fixed.

すべて、家族の、助けてくれた、ぼくを、そしてぼくの車椅子はついに直りました。

→ 家族全員がぼくを助けてくれて、ぼくの車椅子はついに直りました。

 

all of 〜 = 〜のすべて

finally = 「ついに」副詞

fixed = 「直る」形容詞

 

 

I said, "Grazie!"

ぼくは言いました、グラッツェ!

 

Grazie = イタリア語のありがとう

 

 

and tears came out of my eyes.

そして涙が出てきました、目から。

→ そして目から涙が出てきました。

 

tears = tear「涙」名詞の複数形

came out of 〜 = come out of 「からでてくる」

 

 

Thanks to their kindness,

〜のおかげで、彼らの親切

→ 彼らの親切のおかげで

 

 

thanks to 〜 = 〜のおかげで

their = 「彼らの」代名詞

they 彼らは(が) their 彼らの them 彼らを(に) theirs 彼らのもの

kindness = 「親切」名詞、kind「親切な」形容詞、kindly「親切に」副詞も合わせて覚えましょう。

 

 

I was able to continue my trip.

ぼくはできました、続けることを、ぼくの旅行を

→ ぼくは旅行を続けることができました。

 

was able to = be able to〜 「〜できる」の過去形

continue = 「続ける」動詞

trip = 「旅行」名詞