中学・高校の英語・英検の勉強プリント-大人の英語学び直しにも

中学と高校の英語教科書の解説。英語の成績をあげていきましょう。

中3サンシャイン プログラム2 think 1 和訳( Program2 think1)

中学3年生の教科書、Sunshine 3 Program 2 think 1

サンシャイン3 プログラム2 シンク 22ページを訳していきます。

 

もし本気でサンシャイン3の教科書を理解したい場合は、

教科書ガイドと教科書ワークを購入することをお勧めします。

調べ学習の手間が省けるのと、問題の量をカバーできて、成績が向上します。

 

 

楽天で買う

Amazonで買う

 

楽天で買う

Amazonで買う

 

 

ここから本文

 

動画解説はこちら

youtu.be

 

サンシャイン3 プログラム2 シンク1

22ページ

 

You look sleepy today, Ken.

あなたは見えます、眠い、今日、ケン。

→ あなたは今日は眠そうに見えますね、ケン。

 

look + 形容詞=形容詞に見える

例) You look happy. あなたは幸せそうに見える。

   You look tired. あなたは疲れているように見える。

 

 

I slept only four hours last night.

僕は寝ました、たったの4時間だけ、昨夜

→ 僕は昨夜、たったの4時間だけしか寝ていません。

 

slept = sleep「眠る」動詞の過去形

sleep - slept - slept の活用形を覚えましょう。

 

 

Only four hours?

たったの4時間だけですって?

 

Did you sleep only four hours last night?

あなたは昨夜、たったの4時間だけしか寝ていないんですか?

の略です。

 

 

You should know how sleep affects our health.

あなたは知るべきです、いかに睡眠が影響を与えるか、私たちの健康に。

→ あなたはいかに睡眠が私たちの健康に影響を与えるか、知るべきです。

 

sleep=「睡眠」名詞

affects = affect「影響を与える」動詞の3人称単数現在形のs付き

health=「健康」名詞

 

how sleep affects our health は間接疑問文です。

間接疑問文とは文の中に疑問文が入っている文です。

その場合は、疑問詞+ 主語+ 動詞の順番になります。

 

元々は、How does sleep affect our health?

いかに睡眠が私たちの健康に影響を与えるでしょうか?

という文。

それが、You should know あなたは知るべきです、のあとにつづくと、

how のあとは主語 + 動詞の順になるので、

sleep 「睡眠が」(主語)+affect「影響を与える」(動詞)

の順になります。

また、主語がsleepということで、3人称単数なので、

affectには3人称単数現在形のs(略して三単現のs)がつきます。

 

よって、

You should know how sleep affects our health. 

あなたはいかに睡眠が私たちの健康に影響を与えるかを知るべきです

 

と言う文ができています。

 

 

I don't think a lot of Japanese people sleep enough.

私は思いません、たくさんの日本人が十分に寝ているとは

→ 私はたくさんの日本人が十分に寝ているとは思いません。

 

I don't think 〜 = 〜以下を私は思わないと表現します。

enough = 「十分に」副詞

 

 

Really?

本当ですか?

 

How long do people usually sleep in your country?

どのくらい人々は普通寝ますか、あなたの国では?

 

how long 〜? = どのくらい〜

usually = 「普通は、たいていは」副詞

 

 

I have no idea,

わかりません。

→ 私は、ないアイデア(考え)を持っているということで、

わからないと言う意味を示します。

 

but many doctors say we need to sleep at least six hours a day.

しかしたくさんのお医者さんが言います、私たちは必要がある、

眠る、少なくとも6時間、1日に

→ しかし、たくさんのお医者さんが

私たちは1日に少なくとも6時間は寝る必要があると言っています。

 

say =「言う」動詞、後ろにthatが省略されていますが、

この文のように、主語+動詞が来ることができて、

主語が動詞することを言う、と訳せます。

need to 〜 = 〜する必要がある

at least = 少なくとも

six hours a day = 1日に6時間

 

 

Then I'll sleep eight hours tonight.

それなら、僕は今夜は8時間眠ります。

 

I'll = I willの短縮形

will は100%の意志を示す時も使われます。

 

 

Wait.

待って。

 

 

I've heard you can't make up for lack of sleep later.

私は聞いたことがあります、できません、

補う、不足した睡眠の、あとで

→ 私はあとで不足した睡眠を補うことはできない

と聞いたことがあります。

 

I've heard = 現在完了形の「経験:〜したことがある」の意味

heard = hear「聞く」動詞の過去分詞形で、

hear - heard - heard を覚えましょう。

make up for 〜 = 〜を補う

lack of sleep = 睡眠の欠如、不足した睡眠

later = 「あとで」副詞

 

Q&A

1. How long did Ken sleep last night?

どのくらいケンは昨夜眠りましたか?

 

He slept only four hours last night.

彼は昨夜、たったの4時間だけ眠りました。

 

Only four hours. たった4時間、と言う答えでも大丈夫です。

 

 

2. How many hours a day do we need to sleep?

どのくらいの時間、1日に、私たちは、必要がありますか、眠る

→ 1日にどのくらいの時間、私たちは眠る必要がありますか?

 

Many doctors say we need to sleep at least six hours a day.

多くのお医者さんが私たちは1日に少なくとも6時間眠る必要がある

と言っています。