さとし先生@TOEICトーイック、英検対策、中学と高校の英語復習

英検対策、中学と高校で使われる英語教科書の解説をしています。

中2 New Crown 和訳 Lesson4 Read (ニュークラウン レッスン4 リード)

三省堂 ニュークラウン new crown の中2 本文 Lesson 4 Read を和訳していきます。学校の授業をより理解できるように解説していきます。

 

現役中学生はもちろん、大人の方まで英語をやり直したい人に、光村図書の教科書は秀逸なので超オススメします。

 

もし、本気で学びたい場合は、教科書ガイドを購入することがオススメです。

教科書の本文が訳されていて、さらには英単語も品詞+発音、意味、とすべて書かれているので、調べる手間を考えると、確実に時間短縮につながります。

(なんと、今の教科書には音声が無料でついているので、音声CDは購入不要です。昔は数千円していたので、めちゃくちゃ嬉しいです^^)

 

 

楽天で買う

Amazonで買う

 

以下の文ですが、必ず理解したら、音声を聞いて真似して言う(音読)。

さらには文章を見ずに「見上げて言う」をしてください。

実力が爆上がりします!!

 

中2 Lesson4 Read (レッスン4 リード) 教科書 本文p56から

Uluru is a famous place in Australia.

ウルルはオーストラリアで有名な場所です。

 

famous 「有名な」を表す形容詞

place 「場所」を表す名詞

 

It looks like a mountain,

それは山のように見えます、

 

It = Uluru ウルルのこと

lookは「見える」を意味する一般(do)動詞

looks と sが付いている理由は、主語「〜は、〜が」となる文の主語が3人称単数と呼ばれるものだから。

 

1人称 = I 「私は、私が」 We 「私たちは、私たちが」

2人称 = You 「あなたは、あなたが」

3人称は、I, You, We 以外すべて。

単数はそのうちの1つ、1人、数えられないもののことです。

今回はIt ですね。

 

likeは「〜のように」を意味する前置詞。好き、好むという意味の動詞も同じ形ですが、今回は前置詞になります。

 

but it is actually a very big rock.

しかしそれは実際にはとても大きな岩です。

 

actually は「実際には、実は」を意味する副詞です。

 

During the day, 

日中は(昼の間は)

 

during 「〜の間」を意味する前置詞

the day は「お昼」を意味する言葉になります。

逆に the night は夜になります。

 

its color is brown.

それの色は茶色です。

 

its は「それ」itの所有格の代名詞

it それは(が) its それの it それを(に) の活用も覚えましょう。

今回はUluru のことを指していますね。

ウルルの色は茶色です、です。

 

However, at sunrise and sunset,

しかしながら、朝日の時や夕焼けの時、

 

at sunrise で朝日、 at sunset で夕焼け

 

it looks red. 

それは赤く見えます。

 

it = Uluru

look + 形容詞で「形容詞に見える」

 

例) 

You look nice in yukata.

あなたはゆかたを着て素敵に見えます。

 

服屋さんで服が合っているか?聞きたい時は、

Do I look OK? 私は大丈夫に見える? と言ったりします。

 

Uluru is part of a national park.

ウルルは国立公園の一部です。

 

part of 〜 = 「〜の一部」の意味

national は「国立の」を意味する形容詞

名詞はnation で「国」を意味します。

 

The park attracts many tourists

その黒煙は多くの観光客を引き寄せます

 

attract = 「魅了する、引き寄せる」を意味する一般(do)動詞

tourist = 「旅行客」で many 形容詞「たくさんの」の後で複数形になっています。

 

and is now a UNESCO World Heritage Site.

そして今、ユネスコの世界遺産です。

 

To the native people, the Anangu,

原住民の、アナング族にとって

 

to 〜 = 「〜にとって」を意味する前置詞

 

the rock is a sacred place.

その岩は神聖な場所です。

 

It is the place of their ancestors.

それは彼らのご先祖たちの場所です。

 

of 〜 = 「〜の」を意味する前置詞

ancestor = 「ご先祖」を意味する名詞に複数形のsがついています。

their = 「彼らの」アナング族のという意味。

they 彼らは(が) their 彼らの them 彼らを(に) theirs 彼らのもの の活用も覚えましょう。

 

They started living in the area around the rock over 40,000years ago.

彼らはその岩の周りの地域に4万年以上も前に住み始めました。

 

they = their ancestors 

start + 動名詞 で〜し始める。

これはstart + to 動詞の原形(to-不定詞)でも大丈夫です。

over 40,000years ago で、4万年よりも多く前、overは超えて、を意味する前置詞です。

ago は 「〜前」を意味する副詞です。

 

英語の文は、主語 + 動詞 + 場所 + 時、の順番になります。

この一文は声に出して何度も行って覚えると良いです。

 

The Anangu have a traditional law to protect the sacred sites.

アナング族は伝統的な法律を持っています、神聖な場所を守るために

 

to + 動詞の原形はto不定詞。今回は神聖な場所を守るために、という意味になるので、副詞的用法です。

 

They deeply respect this rock itself and everything around it.

彼らは深くこの岩自身とそれのまわりにあるすべてを尊重しています。

 

They = the Anangu

deeply は「深く」を意味する副詞

deep は「深い」という形容詞、depthが「深さ」という名詞です。

itself は「それ自身」という意味の再帰代名詞です。

 

it = this rock 

 

続いて 57ページに進みます。

 

The Anangu welcome you to Uluru.

アナング族はあなたをウルルに歓迎します。

 

welcome = 「歓迎する、喜んで迎え入れる」という意味の一般(do)動詞。

welcome 人 to 場所で、人を場所に迎え入れる、になります。

 

They will teach you their history.

彼等はあなたに彼等の歴史を教えるでしょう。

 

They = The Anangu

will は「〜するでしょう」を意味する未来形の助動詞

teach 人 もの = 人にものを教える

their はかれらの。

 

They will show you their art.

彼等はあなたに彼等の芸術を見せるでしょう。

 

show + 人 + もの = 人にものを見せる

 

They will also share their culture and society with you.

彼等はまた彼等の文化と社会をあなたに共有するでしょう。

 

share A with B で 「A を Bと共有する」になります。

culture = 「文化」を意味する名詞

society = 「社会」を意味する名詞

 

Please consider their traditions before you act.

彼等の伝統をよく考えてください、あなたが行動する前に。

 

consider = 「よく考える」を意味する一般(do) 動詞

tradition = 「伝統」を意味する名詞、複数形にするとtraditions

traditional = 「伝統的な」を意味する形容詞

beforeは「〜の前に」を意味する接続詞

act = 「行動する、演じる」を意味する一般(do)動詞

actor = 「俳優」、actress「女優」

 

Do not take rocks as souvenirs.

岩をお土産として持っていくのはいけません。

 

take = 「とっていく、もっていく」を意味する一般(do) 動詞。

souvenir = 「おみやげ」でsがついて複数形になっています。

as = 「〜として」を意味する前置詞です。

 

Do not + 動詞の原形なので、命令形の否定文になります。「〜するな」という意味になります。

 

Do not take pictures of the sacred places.

神聖な場所の写真をとってはいけません。

 

take pictures で「写真を撮る」

 

Instead, you can walk around Uluru.

代わりに、あなたはウルルの周りを歩くことができます。

 

Instead = 「代わりに」を意味する副詞

around = 「周りに」を意味する前置詞

 

You can watch the sunrise and sunset on Uluru.

あなたはウルルの朝日と夕焼けを見ることができます。

 

Your consideration will make the Anangu happy and make your stay in the park better.

あなたの考慮はアナング族を幸せにしますし、あなたの公園での滞在をよりよくするでしょう。

 

consideration = 「考慮」を意味する名詞

consider「よく考える」という一般(do)動詞の名詞形ですね。

 

make +  人 + 形容詞 = 人を形容詞にさせる

better は good の比較級「より良い」という意味になります。

good - better - best の活用を覚えましょう。