さとし先生@TOEICトーイック、英検対策、中学と高校の英語復習

英検対策、中学と高校で使われる英語教科書の解説をしています。

高校教科書 crown2 lesson2-4 和訳 クラウン2 レッスン2-4 和訳

高校の教科書 crown 2 lesson2-4 クラウン2 のレッスン2-4の和訳と重要ポイントをまとめていきます。

 

学校の授業をよりわかりやすく、中学の復習、高校1年生の復習も兼ねて学んでいきましょう。

 

また、英検2級、英検準1級を獲得して、大学受験にも活かしたい人にもお役に立てますように。

 

特に、英検準1級を獲得すると、MARCHをはじめ、様々な大学に入学しやすくなります。

英検準1級、ぜひ合格していきましょう。

 

www.49good.net

 

 

しっかりと理解していくと、教科書はかなり使えます。

1つ1つを何度も理解できるまで読み込み、その上で音読していきましょう。

英語ができるようになります。

 

crown2 lesson2-4 クラウン レッスン2-4 和訳と重要ポイント

才能を持っている人の考え方

We all know that you have a great talent.

私たちはみんな知っています、あなたが素晴らしい才能を持っていることを。

 

we all = 私たちみんな

that + 主語 +動詞 = 「主語が動詞すること」接続詞

talent = 「才能」名詞

 

How do you define your talent?

どのようにあなたは、定義しますか、あなたの才能を?

→ あなたはどのように才能を定義しますか?

 

define=「定義する」動詞

定義・・・物事の意味・内容を他と区別できるように、言葉で明確に限定すること。

引用元: 定義(ていぎ)の意味 - goo国語辞書

 

 

Well, if I have any talent, it's perseverance.

ええと、もし私がいくらか才能を持っているなら、それは、我慢強さです。

 

any = 「いくらか」形容詞

perseverance=「我慢強さ、忍耐力」名詞

 

Being able to anticipate the moves or having inspiration is important,

動きを予測することができること、もしくはインスピレーションを持つことは大切です、

 

anticipate = 「予期する」動詞

inspiration = 「インスピレーション、思いつき」名詞

 

but working hard to improve your shogi is the greatest talent you can ever have.

しかし、懸命に取り組む、改善するために、あなたの将棋を、それが最も偉大な才能です、あなたがまさに持つことができる。

→ しかし、あなたの将棋を改善するために懸命に取り組むことが、あなたが持つことができるまさに最も偉大な才能です。

 

working = work「取り組む」動詞、のing形、動名詞

hard = 「懸命に」副詞

improve = 「改善する」動詞

the greatest = 「最も偉大な」great 「すごい、偉大な」の最上級

ever = 「まさに、かつて、今までに」強調の意味

 

 

You seem to be in love with shogi.

あなたは将棋に惚れ込んでいるように思えます。

 

seem to 〜 = 〜のように思える

be in love with A = A にほれている、恋をしている

 

What's the most fascinating aspect of this game?

何がもっとも魅了している面ですか、このゲームの?

 

fascinating = 「魅了している」形容詞、interesting よりもより強い意味です。

aspect = 「面、局面」名詞

 

In the history of shogi, hundreds of thousands of games have been played,

将棋の歴史の中で、数十万のゲームがなされてきました、

 

hundreds of thousands of 〜 = 〜の数十万、

しばしば、たくさんあることの強調表現として使われます。

 

have been played = 現在完了形の受け身形となります。

 

and yet we only know a small portion of the world of shogi.

そして、しかし、私たちはだけ知っている、小さな一部、将棋の世界の。

→ そして、しかし、私たちは将棋の世界の小さな一部だけしか知らないんです。

 

yet = 「それにも関わらず」副詞

portion = 「一部」名詞

 

Each time I play,

毎回、私がプレイするたびに、

 

I feel like I am starting on a journey into unknown territory.

私は感じがします、私は旅行を始めている、まだ未知の領域の中に入る

→ 私はまだ未知の領域への旅を始めているかのような感じがします。

 

on = 旅行の時使われる前置詞

journey = 「旅行」名詞

unknown = 「未知の」形容詞

into = 「〜の中に」前置詞

 

And that's what's fascinating about shogi.

そして、そのことが面白いこと、将棋について。

→ そしてそのことが、将棋について面白いことだと思います。

 

that = 前の文を受けます。つまり Each time I play, から territory. までです。

what's fascinating 面白いこと、魅了されていること、

このwhat は関係代名詞になります。

 

Crown2 lesson2-4 の最大のポイント、仮定法+間接疑問文

Have you ever thought about what you would be doing

あなたは今までに考えたことはありますか、あなたが何をしていただろうか、ということを。

 

have you ever 〜 = 現在完了形の疑問文「〜したことはありますか?」

thought = thing の過去分詞 think - thought - though 原形 -過去形 -過去分詞形です。

think about 〜 = 〜についてかんげる

what you would be doing は、実は仮定法の文になります。

そして、間接疑問文になります。

 

what would you be doing? が元の文。

あなたは何をしていたでしょうか?

 

しかし、Have you ever thought about の後に組み込まれている、間接的に組み込まれている疑問文なので、疑問詞 + 主語 + 動詞の順番になります。

そのため what you would be doing の順番になっています。

 

 

if you were not a professional shogi player?

もしあなたがプロの将棋棋士でなかったなら?

 

if + 過去形のときは、仮に、今じゃない状況だったとしたらと定める

仮定法というのが使われます。

 

if は省略されても使われます。

 

例えば、 I wouldn't eat that. 私ならそれは食べないなぁ。

これには、If I were you, もし私があなたなら、というのが省略されます。

I のあとwereになっていることがよくあるので、こちらも頭に入れておきましょう。

 

それでは本文続きです。

 

I have never really thought about that.

私は一度も、実はそのことについて考えたことはありません。

 

これも現在完了形の文 have + thought(動詞の過去分詞形)です。

経験の意味になります。そして、never「一度も〜ない」がついています。

 

that = 前の文、将棋棋士ではなかったら何をしていたか?ということになります。

 

Forced to take another job,

もし強制的に別の仕事につかせられたなら

 

If I was forced to take another job, この略です。

 

これも仮定法の分詞構文になります。

ifと主語が省略されています。

 

forced = force「強制的に・・・させる」の過去分詞形、受け身形。

take a job で仕事につく

take another jobで別の仕事に就く、になります。

 

maybe I would like to be a taxi driver for a day.

おそらく、私はタクシー運転手になりたいです、1日間。

 

I think that's an interesting job 

私は思いますそれが面白い仕事だと

 

because you don't know where you will go each day.

なぜならあなたは知らない、どこにあなたが行くか、毎日。

 

where you will go も、間接疑問文

where will you go? あなたはどこに行くでしょう?を文中に入れて

where + 主語 + 動詞の形にしている文です。

 

長いので、再度訳をまとめます。

 

I think that's an interesting job because you don't know where you will go each day.

私はあなたは毎日どこに行くかわからないので、面白い仕事だと思います。

 

 

Do you have a motto that you live by?

あなたはモットーを持っていますか、あなたが行動の指針にしている?

→ あなたは行動の指針にしているモットーがありますか?

 

motto = 「モットー」名詞

モットー・・・ モットー(motto)とは、個人や組織の信念・美徳・行動指針などを簡潔な言葉で表明したもののこと。

引用元:「モットー」の意味や使い方 わかりやすく解説 Weblio辞書

 

 

that は関係代名詞

live by 〜 = 〜を行動の指針とする

 

Fortune smiles on the bold.

幸運は開ける、勇気のある人々に。

→ 幸運は勇気ある者に開ける。

 

fortune = 「幸運」名詞

smile on 〜 = (運や機会が)〜に開ける

bold = 「勇敢な、大胆な」形容詞

 

the + 形容詞だと、「〜な人々」の意味になります。

the bold = 勇敢な人々

the rich = 豊かな人々