さとし先生@TOEICトーイック、英検対策、中学と高校の英語復習

英検対策、中学と高校で使われる英語教科書の解説をしています。

New Horizon 中1 和訳 unit0 part1 (ニューホライズン ユニット0 パート1)

東京書籍 ニューホライズン new horizon の中1 本文 Unit0 part1 を和訳していきます。学校の授業をより理解できるように解説していきます。

 

現役中学生はもちろん、大人の方まで英語をやり直したい人に、教科書は秀逸なので超オススメします。

 

もし、本気で学びたい場合は、教科書ガイドを購入することがオススメです。

教科書の本文が訳されていて、さらには英単語も品詞+発音、意味、とすべて書かれているので、調べる手間を考えると、確実に時間短縮につながります。

(なんと、今の教科書には音声が無料でついているので、音声CDは購入不要です。昔は数千円していたので、めちゃくちゃ嬉しいです^^)

 

 

楽天で買う

Amazonで買う

 

 

Hi. I'm Asada Shota.

こんにちは、僕はあさだしょうたです。

 

Hi 「こんにちは」間投詞

間投詞・・・感嘆詞,感動詞とも呼ばれる。 話し手が,驚き,喜び,悲しみなどの感情を,直接表現するときに用いる単語。 日本語の「あっ」「やれやれ」などがそれにあたる。

引用:間投詞とは - コトバンク

 

 

Nice to meet you.

はじめまして。

 

あいさつの言葉です。詳しく見ると

Nice = 「素敵な」形容詞

meet = 「会う」動詞

you = 「あなたに」代名詞

 

 

What's your name?

何ですか、あなたの名前は?

→ あなたの名前は何ですか?

 

このように英語では日本語の訳とことばの順番が違います。

 

What's = What is の短縮形です。

What = 「何」疑問詞

is = be動詞と呼ばれて、状態を示します。

 

be動詞は3種類を覚えましょう

amとisとareになります。

 

文の中の主語(〜は、〜がに当たる言葉)にだけ関連があります。

主語が、

I だけの場合は am になります。

Youと2人以上の場合は are 

1人でIとyou以外の場合はis になります。

 

例) I am Satoshi. ぼくはさとしです。

You are nice. あなたは素敵です。

Satoshi is a boy. さとしは男の子です。

My name is Munakata Satoshi. 私の名前はむなかたさとしです。

I and Satoshi are friends. わたしとさとしは友達です。

 

 

My name is Sato Kana.

私の名前はさとうかなです。

 

Nice to meet you, too.

はじめまして、〜も

→ 私こそ、はじめまして。

 

, too は「〜もまた」と言う意味があります。

そのため、はじめまして、と言われた反応として、私こそ、と訳しています。

 

例) I like apples. 私はりんごが好きです。

Me, too.私もです。 

 

 

Make groups of four.

作りなさい、グループを、4人の

→ 4人のグループを作りなさい。

 

make = 「作る」動詞

groups = group「グループ」名詞の複数形のsがついた形

of = 「〜の」前置詞

four = 「4(人)」名詞

 

主語がなく、動詞から始まる文は、「〜しなさい、〜して」と言う意味の命令文というものを作ります。

 

例) Study. 勉強しなさい。

Help. 手伝って!!

 

 

What food do you like?

何の食べ物、あなたは好きですか?

→ あなたは何の食べ物が好きですか?

 

what = 「何」疑問詞

what + 名詞 =  「何の〇〇」

例) what color 何の色、what subject 何の教科、what sport 何のスポーツ

food = 「食べ物」名詞

like = 「好む」動詞

 

 

I like curry and rice.

わたしはカレーライスが好きです。

 

curry and rice = カレーライス

英語ではcurry and rice と言って、andが必要なんですよね。

 

 

I want to join the dance team.

私は、欲する、参加する、ダンスチームに。

→ 私はダンスチームに参加したいです。

 

want = 「欲する」動詞

join = 「参加する」動詞

want to join = 参加したい、と言う意味になります。

dance = 「ダンス」名詞

team = 「チーム」名詞

 

 

I can dance well.

私は、できます、ダンスを踊る、上手に

→ 私はダンスを上手に踊ることができます。

 

I = 「私は」代名詞

can = 「できる」助動詞

動詞に意味を付け加えて、助ける品詞(ことばの種類)です。

例) I can swim. 私は泳げます。 I can play the piano. 私はピアノが弾けます。

dance = 「踊る」動詞

well = 「上手に」副詞

 

 

Nice! 

いいね!

 

Nice= 「素敵な、良い」形容詞

 

 

I want to join the art club.

ぼくは美術部に参加したいです。

 

art = 「アート、芸術、美術」名詞

club = 「クラブ、部」名詞

 

 

I like painting. 

私は好きです、絵を描くことが。

→ 私は絵を描くことが好きです。

 

painting = 「絵を描くこと」名詞

 

 

He's a good tennis player.

彼は良いテニス選手です。

 

He's = He is の短縮形

a = 「1人の、1つの」冠詞 → 英語独特の考え方

英語では数えられるか、数えられないか、

また、数えられる場合は1人(1つ)なのか、2人(2つ)以上なのか?が大切な文化です。

1人の場合は a playerとなり、2人以上の場合はplayersと「s」がついて名詞が複数形になります。

be動詞でも、1人や1つの場合はis 、2人以上、2つ以上の時はareになりますね。

例) He is a teacher. 彼は1人の先生です。

I and he are teachers. 私と彼は先生です。

 

good = 「良い」形容詞

tennis = 「テニス」名詞

player = 「選手」名詞

 

 

She can run fast.

彼女は、できます、走る、速く

→ 彼女は速く走ることができます。

 

She = 「彼女は」代名詞

can = 「〜できる」助動詞

run = 「走る」動詞

fast = 「速く」副詞

 

 

We have a nice music coom.

私たちは、持っています、1つの素敵な音楽の部屋を。

→ 私たちは、1つの素敵な音楽室があります。

 

We = 「私たちは(が)」代名詞

have = 「持っている、ある」動詞

a = 「1つの、1人の」冠詞

nice = 「素敵な」形容詞

music = 「音楽」名詞

room = 「部屋」名詞

 

 

こちらのサイトでは品詞(動詞、名詞、形容詞、、、などをのせています。一緒に覚えてください。後々、役に立ちます。)

 

たとえば、形容詞であれば、

happy 幸せな、glad 嬉しい、sad 悲しい、cold 寒い、すべて形容詞と書かれているのですが、

I'm happy. わたしは幸せです、のように使えるとするならば、

I'm glad. 私は嬉しいです。

I'm sad. 私は悲しいです。

I'm cold. 私は寒いです。

と応用を効かせることができるからです。

 

是非、品詞とともに覚えてくださいね。

 

 

 

New Horizon Unit0 part1 をより理解できるために

学校の成績はもちろん、英語を今よりもわかるようになりたい人にオススメの教材3つ

 

www.49good.net

 

3種の神器・・・これを持っていたら鬼に金棒教材を、現役塾講師が厳選して紹介しています。