気分が上がる情報

気分が上がる情報やお得な情報をまとめたブログです。

イタリア旅行で心奪われた料理4選

今回はイタリア旅行で感動した料理4選

2019年冬にローマ・ナポリフィレンツェに行ってきました。

その中で、美味しかった、感動した、心奪われた料理をランキングしました。

1位は意外なものでした^^

f:id:good49:20200301124034j:plain

とーっても美味しかったナポリピザ

イタリアで心奪われた料理。

2019年冬に10日ほどイタリアのローマ、バチカン市国ナポリフィレンツェを旅しました。その際、いろんな料理を食べたのですが、特に美味しかった4つを今回は紹介したいと思います。

第4位:カプリチョーザ(ローマ)

f:id:good49:20200301124233j:plain

ローマのカプリチョーザ

イタリアと言ったら、やっぱりPizzaピッザ!!!

サンドウィッチマンがネタで、「ピザじゃなくてピッザです」って言ってますが、

本当にイタリアの人は「ピッザ」と発音しています。

 

ピザの種類でも、イタリアではローマとナポリのピザがあるのですが、

第4位はローマのピザです。

 

上の写真はカプリチョーザと言われるもので、

「どんなピッザですか?」と聞くと、

「イタリアのお店お店によって、具が違うんだよ」

「しかも、うちは日によって具が変わる」

とお店の人が教えてくれました。

 

写真のように4等分されてきたのですが、

とりわけ後の具がみんなバラバラです笑

1枚のピザでも、みんな食べるものが違います笑

 それもまた趣があって良いですよね。

 

シェフの気まぐれピッザ、非常に美味しかったです。

そして、ピッザの生地が薄いため、たくさん食べれました。

 

ローマのレストランはイタリア料理としてピッザやパスタばかり。

そんな中、新しいピザに出会いたい、

そのお店のシェフスペシャルを食べてみたいと思われたら「カプリチョーザ

頼んでみてくださいね。

 

第3位:カルボナーラ(ローマ)

f:id:good49:20200301124745j:plain

ローマ発祥のカルボナーラ

ローマが発祥と言われているカルボナーラ

 

上の写真はカリカリベーコン入りのものになります。

 

カルボナーラと聞くと、舌に巻きつく濃厚な食感が想像できますが、

意外とあっさりしていてそんなカルボナーラカリカリのベーコンで塩味が追加されて、

絶妙な美味しさでした。

 

f:id:good49:20200301125114j:plain

お店によって全く違うカルボナーラ

また、お店のメニューには同じカルボナーラがあるものの、

お店によって全く違います。

上の写真のようにベーコンが肉厚のカルボナーラもあり、これまた美味。

お店によって、パスタの種類が違うので、それもまた楽しめます。

 

そして、ベーコンが入っていないカルボナーラもあります。

どれも美味しかったです。

 

第2位:マルゲリータ(ナポリ)

f:id:good49:20200301125612j:plain

本場ナポリマルゲリータ

ピザ発祥の地のナポリ

本場ナポリのピザのマルゲリータは、やばかったです。

生地をつかんだ瞬間から、「生地が手に何かをうったえてくる」感覚。

絶対に美味しいという直感。

お腹ががまんできないという欲望。

 

5感を通じて、たくさんのものを、このピザはうったえてきました。

ローマのピザとは、もっちり感が違いました。

私は個人的にはナポリピザの方が大好きになりました。

 

そんなナポリピザを抑えて第1位になったのはどこでしょうか?

それを今から公開しますね。

 

第1位:ビステッカ(フィレンツェ)

f:id:good49:20200301134150j:plain

トスカーナ州最高ランクのビステッカ

トスカーナ州の州都フィレンツェの名物料理「ビステッカ」です。

厚切りのTボーンステーキのこと。

塩やオリーブオイルをつけて食べるのですが、これがまた美味。

 

ビステッカ(通常)が大体5000円だったので、これを食べようとなったのですが、

シェフが「これよりも絶対、こっち」

とオススメしてきたのが、「トスカーナ州最高ランク」の牛。

最高ランクは10000円以上でした。

 

せっかくフィレンツェにきて、しかも、フィレンツェトスカーナ州だとはその時知ったのですが、その中でも最高のものであるなら、チャレンジするしかない、と思いました。

そこで、エイっと気分をあげる決断。

 

結果は・・・大正解でした。

 

ものすごく美味しかった。

 

イタリアのフィレンツェでしかなかなか食べれない一品です。

さらに、塩がまた格別でした。

 

なんでも、キプロス島から取り寄せている

CIPROと呼ばれる黒塩をつけて食べるんです。

CIPROはこの塩です。

→ 【楽天市場】ドロゲリア ミル付 サーレネロ(炭塩/海塩)50g:輸入食材のお店【ラポルティ】

 

あの場所に行ったらまた絶対食べたい、と思わせてくれる一品でした。

 

例外)イタリアなのに???のお料理

f:id:good49:20200301135029j:plain

ベトナム料理のフォー

イタリアにいると、イタリア料理になるわけですが、

10日間もいると、

「たまには違うものも食べたい」

となり、探していた時にたまたまローマで見つけたのがベトナム料理のお店。

 

特に、ベトナムからの移民の方が作っている「フォー」は格別に美味しいです。

日本のお味噌汁や優しいスープが恋しくなったら、

このフォーのスープが染み込んできます。

 

またベトナム料理では、こんなものもオススメです。

それが、ベトナムコーヒー。

f:id:good49:20200301135247j:plain

とってもあまーい、ベトナムコーヒー

ベトナムコーヒーはとっても甘くて、

歩き疲れた体にききます。

 

甘さの秘訣は練乳です。

練乳が入っているコーヒーで疲れを癒して、

また「ここから歩き出そう」と思わせてくれる一品でした。

 

以上、イタリアで心奪われた料理4選+アルファでした。