気分が上がる情報

気分が上がる情報やお得な情報をまとめたブログです。

イタリア旅行-レストランで使いたいフレーズ10選

イタリアでレストランで使いたいフレーズ10選

イタリアのレストランで使ったら、とっても喜ばれた表現をお伝えします。

この表現を使ったら相手の気分が上がります。

笑顔を返されるので、あなたの気分も上がります!!!

f:id:good49:20191229104002j:plain

イタリアで使ったら喜ばれる表現

When in Rome, do as the Romans do.

郷に入っては、郷に従え

 

 

イタリアに行ったら、英語ではなくてイタリア語を話しましょう。

日本に来た外国人が、

いっしょうけんめい日本語を話している姿を見て、私たちは、感動するものです。

 

それはイタリアでも一緒。

イタリアに行ったら、イタリア語を話してみること。

それだけでも、好意的に見られますよ。

 

今回は、イタリアのレストランで使って喜ばれたイタリア語フレーズ10選をお届けします。

 

Buongiorno = おはよう・こんにちは

f:id:good49:20200227005447j:plain

朝、昼のローマではBuongiorno!!

「おはよう。こんにちは。」を表現するBuongiorno!!

お店に入る時、お店の人に質問がある時、

 

誰かに話しかける時の前にいつもBuongionoから始めましょう。

 

言いなれてくると、buonがあまり聞こえなくて、giornoだけでもOKな気がします。

rが巻き舌ですので、その点だけ注意しましょうね。

 

Buonasera = こんばんは

f:id:good49:20200227005511j:plain

夕方あたりからBuonasera

日が沈んでいきそうな夕方あたりからBuonaseraです。

ただ、お店の中の人は明るいので^^、Buongiornoでも

間違いではなかった気がします。

 

Buonaseraを使う時間帯はその土地土地で違うようで、

ローマ、ナポリ、フィレンツェでも時間帯はまちまちのような気がしました。

 

そのため、その土地土地で、Buongiornoからまず話しかけてみて、

店員さんや話しかけた人がBuonaseraと返してきた場合、

もしくは他のイタリア人がBuonaseraと言っていた時間帯を覚えて使ってみましょう。

 

buono!! = 美味しい

f:id:good49:20200301124745j:plain

美味しいはbuono

Buono = 美味しいはよく聞く表現ですよね。

発音的には、ローマ字読みでブオーノ、と発音した方が通じます。

 

そして、とても美味しい場合は、

molto buono. とmoltoをつけましょう。

とっても美味しいという意味が付け加わり、より相手に好意が伝わりますよ^^

 

そして、この表現も使えるようになったら、次の言葉も使ってみてください。

 

Buonissimo = buonoの最上級

f:id:good49:20200301134150j:plain

BuonissimoはBuonoの最上級

英語がthe most delicious (もっとも美味しい)と言うように、

イタリア語にも最上級があります。

 

Buonoの最上級はBuonissimoです^^

最高に美味しいという表現です。

 

イタリアのレストランでは、

呼び込みをする人が外に出ていたり、

中から出てきたりして、

「自分が好きな料理、おすすめ料理をすすめてきてくれることが多かった」

です。

 

そのため、オススメしてくれた人にBuonissimoと言うことで、

オススメしてきてくれた人が喜びます。

 

だいたいオススメしてくれる人はお店の中の人と仲良しで、

ムードメーカーだったこともあり、

お客さんとしての私たちに、より親しみを持ってサービスしてくれていました。

 

そのため、molto buonoとbuonissimoの2つの表現は

使うことができると、店員さんと仲良くなれるのでおすすめです^^

 

Che cosa consiglia? = オススメ料理は何ですか?

f:id:good49:20200301124034j:plain

オススメ料理で出てきたPizzaが最幸だった

次は、お店の人にオススメ料理を聞いてみる表現です。

 

それが、Che cosa consiglia? です。

レストランで、美味しそうなお店があった時は、

そのお店の人に必ず聞いて、それを頼みました。

 

オススメ料理を聞いて、それを頼む。

そして、それが本当に美味しいので、molto buonoとbuonissimoを連発する。

すると、お店の人みんなが笑顔になってくれました。

 

気分があがって、Che cosa consiglia?の表現が自然に覚えられてしまう。

赤ちゃんが言語を吸収するが如く、自然に使いたい表現が増えていきます。

 

Prendo questo.  = 私はこれを注文します。

che cosa consiglia? オススメ料理はなんですか?と聞いて、

メニューを指差して言ってきてくれたときに、

Prendo questo. これを注文します、と言いましょう。

 

また、私はそれを注文しますなら、lo prendo. と言いましょう。

 

Basta = 以上です

f:id:good49:20200303104551j:plain

とりあえず以上の時はBasta

とりあえず、ここまで、と言いたい場合は、Bastaと言います。

以上です、と言いたいときに、Bastaという言葉は

個人的に格好良いなぁと感じます。

 

これもすごーく個人的なのですが、

天空の城ラピュタの「バルス」に2文字被っているので、

好きなこともあります。

 

なんだか、呪文を使っている気分になってしまうのです。

個人的に気分が上がります^^

 

Il menu, per favore. = メニューをください

f:id:good49:20200303105003j:plain

メニューをくださいは、per favoreをつければOK

お店でテーブルに通してもらったけれど、メニューがないとき

Basta 以上です、と一度は言ったものの、デザートが食べたい、

追加で料理を注文したい、と思ったとき。

 

そんな時は、Il menu per favore. です。

per favoreは英語でいうと、pleaseと同じ意味ですので、

名詞 + per favore で名詞をください、という使い方ができます。

 

Il conto, per favore. = お会計をお願いします。

f:id:good49:20200303105320j:plain

お会計をお願いします、はIl conto, per favore.

先ほど、名詞 + per favore.で、会計をお願いします、

とありましたが、

食事の後に、会計をお願いしますは、Il conto, per favore.でOKです。

 

Grazie. = ありがとう

言わずと知れたイタリア語かもしれませんが、

ありがとう = Grazieです。

rの部分が巻き舌になるので、そこだけ注意。

 

ありがとうの表現をさらに強くしたいなら、

Grazie milleとmilleをつけると良いです。

 

Ciao = ばいばい

Grazie に是非つけて言いたいのが、ばいばいを表現するCiaoです。

かわいい表現ですよね。

 

Grazie mille. Ciao. と言ってレストランを去ると、

気分はもうイタリア人です。

 

何度も言いなれてくると、イタリアの素敵な街に溶け込んで、

イタリア人と同じ気分を味わえるかもしれません。

 

When in Rome, do as the Romans do.

ローマにいる時はローマ人のようにふるまえ、

 

すると、ローマの素敵な街をさらに体感できる。

なんだか少しその言葉の意味が分かったような気がしました。