さとし先生@大人の学校ー塾経営者

常識の鎖を外して、幸せにいざなう大人塾

衝撃です!自分の口から出た言葉が・・・めちゃくちゃ大切です。

感謝してます。さとしです。

 

今日、キッチンを片付けようとした時に、

ペットボトルとそのキャップが

バラバラバラっと下に落ちてしまいました。

 

その時に気づいたお話です。

 

 

うわぁ、さいあくーって言ってしまったらどうなるか?

f:id:good49:20211107223051j:plain

思ったことを出してしまうと・・・?

私たちは普段から、思ったことを口に出してしまいがちですよね。

 

でも、実は思ったことを出してしまうと、

 

言葉には不思議な力があって、

 

「もう一度その言葉を言いたくなる現象があらわれる」

のだそうです。

 

あなたの周りにいませんか?

「あー、やっちゃったよー。いっつもやっちゃうんだよね」

と言いながら、本当にいっつもへまをしてしまっている人。

 

あれは、言葉に出してしまっているので、

自分の癖みたいになっちゃうのです。

 

もちろん、僕も

「うわぁー、整理してたのにバラバラ落ちちゃったよー。さいあくー」

と言いたい気持ちもあります。

 

でも、ここで言ってしまうと同じような現象が起きることを知っているので、

あえて言わないのです。

 

これめちゃくちゃ大切です。

 

感情のまま言葉に出すと、人間関係にヒビが入る

f:id:good49:20211021232059j:plain

 

対人関係で、「あー言っちゃったよー」ってなったことないでしょうか?

 

あの時、あんな風に怒りに任せて言わなかったら

今頃、大好きな彼、もしくは彼女と続いていたのになぁって時。

 

そんなことありませんか?

 

感じたまま、思ったままに言うって、かなり危険なことなのです。

 

関係性をすべて壊すことにもつながります

 

だからこそ、自分の思い通りにならなかった、一見、運がよく見えないものに対して、

 

「さいあくー」と言うのをやめると良いのです。

 

目の前の人が言ってきたことにもストレスや怒りをためずに、

切り返すことができるようになると、

 

大好きな人とのお付き合いが円滑になるという特典もついてくるのです。

 

では

 

・ストレスが溜まった時、

・思い通りに行かない時

 

何といえば良いのか?

 

一見運が良くないことを運が良いように変えられると世界が変わる

f:id:good49:20211020000045j:plain

 

そこで、今回僕がとった方法は、ただ1つ。

 

「ついてる」

 

そう言うだけです。

 

なぜなら「ついてる」って言うと、「ついてる」現象が起こるから。

 

先ほどお伝えした通りですね。

 

実は言葉は前オーダー制なのです。

 

さいあく、と言ってしまうと、次のさいあくな現象を引き寄せる注文をしているのと同じなのです。

 

だから、目の前の現象がどんなことであっても、

言葉を変えてしまうことで、起きてくる現象が本当に変わってきます。

 

嘘だと思って、一回、「ついてる」を口癖にしてみてください。

 

まじで人生変わりますよ。

 

普段の自分の独り言が、とっさの人間関係の時に出るから

f:id:good49:20210813143216j:plain

 

普段の独り言で、

 

「またやっちゃった。だめだなぁ」

と言ってる人は、

こんな可能性があります。

 

大好きな人ができて、最初は猫を大かぶりしてるから大丈夫ですが、

少しずつ時間が経ってくると、癖なのに、同じことをパートナーに言ってしまいます。

 

好きな人がミスをした時に

「またやっちゃった。だめだなぁ」

 

すると、パートナーは気分は良くない。

信頼関係も薄れていってしまうのです。

 

自分に対してかける言葉ってそのくらいめちゃくちゃ大切なんです。

 

そして、

自分を否定する言葉をかけてみたり、

目の前の現象を否定したり、

怒りをぶつける表現をしている場合は、

 

とっさのときに同じことをしてしまいます。

 

本来ものすごく大切にしなくてはいけないことを大切にできなくなってしまうのです。

 

まずは自分に起きる物事から、すべて「ついてる」に変えていきましょう。

 

住んでいる世界、見えている世界がすべて変わっていきます。

 

小林正観さんによれば、100%幸せな人は1%しかいないそうです。

 

結構いるじゃん、と思った方?笑笑

 

でも、自分がそうならなかったら意味がないですよね?

 

自分の口から出た言葉で、自分を含め、いろんな人をもう傷つけないような習慣が身につくように。

 

今日はそんなお話でした。