さとし先生@英語と英会話と人生と

中学英語のやり直しや英会話情報、さらにはプリントを使った学習まで

here we go 中3 和訳 unit8 part2(ヒアウィーゴー ユニット8 パート2)

光村図書 ヒアウィーゴー here we go の中3 本文 Unit8 part2 を和訳していきます。

学校の授業をより理解できるように解説していきます。

 

現役中学生はもちろん、中学3年生以上から大人まで英語をやり直したい人に、光村図書の教科書は秀逸なので是非ぜひオススメします。

 

もし、本気で学びたい場合は、教科書ガイドを購入することが超オススメです。

教科書の本文が訳されていて、さらには英単語も品詞+発音、意味、とすべて書かれているので、調べる手間暇を考えると、確実に時間短縮につながります。

(なんと、今の教科書には音声が無料でついているので、音声CDは購入不要です。昔は数千円していたので、めちゃくちゃ嬉しいです^^)

 

 

楽天booksなら送料無料!!

 

以下の文ですが、必ず理解したら、音声を聞いて真似して言う(音読)。

さらには文章を見ずに「見上げて言う」をしてください。

実力が爆上がりします!!

 

中3 Unit8 part2 (ユニット8パート2) 教科書 106〜107ページ 本文から

MEMORIES 思い出

memory 「思い出」の名詞の複数形。

y の前の文字が子音字(母音a,i,u,e,oではない文字)の時は、複数形にする場合、yをiに変えてesをつけます。

 

Dear Tina,

親愛なるティナへ

 

The three years that we spent together were amazing.

私たちが一緒に過ごした3年間は素晴らしかったね。

 

目的格の関係代名詞の文です。

The three years were amazing. その3年間は素晴らしかった。

We spent the three years together.私たちはその3年間を一緒に過ごした。

この2文をつなげると、2文目のthe three years をwhich もしくはthat (今回の文のように)をつけて、1文目のthe three yearsのすぐ後ろにつけます。

 

The three years that we spent together were amazing.

またこのthatは省略ができます。(目的格の関係代名詞は省略ができます。)

 

私たちが一緒に過ごした3年間は素晴らしかったです。

 

We did so many things together, remember?

私たちはとてもたくさんのことを一緒にしましたね、覚えてますか?

 

最後のremember は do you remember them?

それらをあなたは覚えていますか?の省略です。

them = so many things 

 

Thanks to you,

あなたのおかげで、

 

I learned so much about the world and about myself.

僕は世界について、そして自分自身についてとてもたくさんのことを学びました。

 

myself は再帰代名詞と言って「私自身」を表現。

yourselfは「あなた自身」himself「彼自身」herself「彼女自身」itself「それ自身」ourselves「私たち自身」themselves「彼ら自身」

 

When I entered junior high school,

僕が中学校に入学した時、

 

enter は 「〜に入る」を表現する動詞

entrance は「入り口」を意味する名詞です。

 

I was feeling lost.

僕は迷子を感じていました。

 

feel + 形容詞 = 形容詞を感じる、でしたね。

I feel happy. 私はハッピーを感じます。

I feel sad. 私は悲しさを感じます。

I feel lonely. 私は孤独を感じます。

I feel cold. 私は寒気を感じます。

I feel lost. 私は迷子のように感じます。

 

また、過去進行形(was + feeling)なので、感じていました、となります。

 

But now I'm excited about the future.

しかし今、僕は未来についてワクワクしています。

 

And that's because of you!

そしてそれは、君のせいです。

 

that = I'm excited about the future と前の文を指します。

because of 名詞 = 名詞のせいです、を表現します。

 

I promise to visit you soon.

僕はあなたをすぐに訪れることを約束します。

 

promise + to不定詞、このto不定詞は「〜すること」を表現する名詞的用法です。

 

visit は他動詞と言って、後ろにinやtoやatはつきません。

visit + 名詞がダイレクトにきます。

 

例)

I will visit Yokohama this summer.

私はこの夏横浜を訪れる予定です。

 

Until then take care!

その時まで、気をつけてね!

 

until は「〜まで」を表現する前置詞

then = その時

 

Your friend, Kota

あなたの友達、こうた