さとし先生@TOEICトーイック、英検対策、中学と高校の英語復習

英検対策、中学と高校で使われる英語教科書の解説をしています。

here we go 中3 和訳 unit5 part1(ヒアウィーゴー ユニット5 パート1)

光村図書 ヒアウィーゴー here we go の中3 本文 Unit 5 part 1 を和訳していきます。

学校の授業をより理解できるように解説していきます。

 

現役中学生はもちろん、中学3年生以上から大人まで英語をやり直したい人に、光村図書の教科書は秀逸なので是非ぜひオススメします。

 

もし、本気で学びたい場合は、教科書ガイドを購入することが超オススメです。

教科書の本文が訳されていて、さらには英単語も品詞+発音、意味、とすべて書かれているので、調べる手間暇を考えると、確実に時間短縮につながります。

(なんと、今の教科書には音声が無料でついているので、音声CDは購入不要です。昔は数千円していたので、めちゃくちゃ嬉しいです^^)

 

 

楽天booksなら送料無料!!

 

以下の文ですが、必ず理解したら、音声を聞いて真似して言う(音読)。

さらには文章を見ずに「見上げて言う」をしてください。

実力が爆上がりします!!

 

中3 Unit5 part1 (ユニット5パート1) 教科書 66ページ 本文から

Hello, everyone.

こんにちは、みなさん。

 

Today, I want to talk to you about a familiar topic

今日、私はあなたになじみのトピック(話題)について話したいです

 

I want to talk 私は話したい

to 不定詞の名詞的用法「〜すること」をwant 欲する

今回は話すこと、を欲するで話したい、の意味です。

 

talk to 〜 = 〜に話しかける

talk with 〜 であれば 〜と一緒に話す

to や with は前置詞なので後ろは名詞が来ますが、この場合のyouは

I my me mine

you your you yours などの3番目の所有格と呼ばれる代名詞になります。

 

そのため、私は彼に話しかけたい、なら

I want to talk to him.

himはhe his him his の3番目でしたよね。

 

本文に戻ります。

about = 〜についてを意味する前置詞

familiar は なじみのある

family は家族なので、関連がありそうですね。

 

it's plastic waste. それはプラスチックゴミです。

it = a familiar topis なじみのあるトピック(話題)

it のような代名詞が常に何を意味しているのか?考えながら解いていきましょう。

 

How many plastic bags do you use in a single week?

いくつのビニール袋をあなたは1週間であなたは使いますか?

 

How many + 名詞の複数形 = いくつの〇〇?

の意味を表します。

 

plastic bags = ビニール袋

 

in a single week 1週間で、という意味。

single は 「たった1つの」という意味を表現します。

in a week でも1週間、という意味ですが、single で「たった1つの」という意味を強調して、in a single week と言っています。

 

And what happens to them after you throw them away?

そしてそれらに何が起こりますか、あなたがそれらを捨てた後?

 

what happens to 〜 = 〜に何が起きますか?

them = plastic bags ビニール袋

 

after 主語 + 動詞、主語が動詞する後という意味の接続詞になります。

throw 名詞 away で 名詞を捨てる、という意味の熟語です。

throw them away のthemもplastic bags になります。

 

Can you imagine? あなたは想像できますか?

 

Please look at this photo.

この写真を見てください。

 

look at + 名詞 = 名詞を見る、という意味の熟語

 

It's shocking , isn't it?

それは衝撃的ですね?

 

It = this photo この写真

最後の, isn't it は付加疑問文です。

肯定文 , 否定形 で「〜ですよね?」

否定文, 肯定形で「〜ではないですよね?」

 

例) 

You like apples, don't you?

あなたはりんごが好きですよね?

 

You don't watch tv, do you?

あなたはテレビを見ませんよね?

 

A: This is a graph which I found on a website.

これは僕がウェブサイトで見つけたグラフです。

 

関係代名詞の文ですね。今回の重要表現です。

今回は目的格の関係代名詞と呼ばれるものです。

 

今までは主格の関係代名詞と呼ばれるものを行ないました。

B: This is a graph which shows us an important thing.

これは私たちに大切なことを見せるグラフです。

 

AとBん違いを見つけてみましょう。

Aはwhichのあとに I があります。

Bはwhichのあとに動詞であるshowsがきています。

今までは後ろの文でwhichは主語でした。

 

でも今回は前の文でwhichは目的語、動詞の目的語になるんですね。

 

This is a graph which I found on a website.の形は、もともとはこの2つの文です。

This is a graph. こちらはグラフです。

I found a graph on a website. 僕はグラフをウェブサイトで見つけました。

 

2つ目の文でa graphは動詞の後ろの目的語のところにきています。

 

関係代名詞は、2つ目の文の同じ名詞をwhichに変えて、1つ目の文の同じ名詞のすぐ後ろにつけるんでしたよね。

 

そのため、

This is a graph which I found on a website.

「これは僕がウェブサイト場で見つけたグラフです」となります。

 

この関係代名詞の目的格のwhichは、省略ができる!!

これもまた大切です。

 

This is a graph I found on a website. と言えるんです。

これも覚えておいてください。

 

It shows the amount of plastic packaging waste per person.

それは一人当たりのプラスチック包装ゴミの量を示しています。

 

It = a graph which Kota found on a website

それはこうたがウェブサイトで見つけたグラフですね。

 

the amount of 〜 = 〜の量、という意味を表現します。

plastic pakaging waste = プラスチック包装ごみ

per person で 一人当たり、の意味です。

 

The U.S. ranks first.

アメリカは1位に位置します。

rank はランクです、の意味です。

 

Japan ranks second.

日本は2位に位置します。

 

Plastic is durable, プラスチックは耐久性がある

so it does not break down quickly

それは早くは分解されません。

 

it = plastic プラスチック

break down = 分解される

 

Plastic waste harms the environment,

プラスチックゴミは環境に害を与えます。

 

harm = 害を与える

environment = 環境、よく出る単語なので是非覚えておいてください。

 

and every year there is more and more of it

そして毎年、それがますます多くあります

 

it = plastic waste プラスチックゴミ

プラスチックゴミは数えられない名詞です。