さとし先生@TOEICトーイック、英検対策、中学と高校の英語復習

英検対策、中学と高校で使われる英語教科書の解説をしています。

マイウェイ my way 高校1年生Lesson6 section4の和訳とポイント

現役塾講師のさとしがマイウェイ my way の高校1年生教科書のLesson6 section4 レッスン6 セクション4の和訳とポイントについて解説していくページです。

 

英語は前から後ろ、前から後ろに訳していくと早く読めるようになります。

意識して、前から後ろに訳していきましょう。こちらの訳の解説でも前から後ろを意識してお伝えしています。

 

教科書92ページ

例えば、電車の中で

Section4 

 

A reflection on my trip

感想、私の旅行での

→ 私の旅行での感想

 

 

Receiving help from many people, I was able to travel around the world.

受け取る、助けを、〜から、たくさんの人々、ぼくはできました、旅行が、世界中を→ 多くの人からの助けを受け取れたので、ぼくは世界中を旅行することができました。

 

これも分詞構文です。

元々の文はBecause I received help from many people, I was able to travel around the world. ぼくが多くの人から助けを受け取れたので、ぼくは世界中を旅行できました。

 

分詞構文とは、副詞節, 主節. という形になっているんですが、副詞節の中の接続詞を省いて、主語も主節と同じ場合は省く。その上で、動詞を現在分詞にすることで作ることができます。

 

Because I received help from many people, のBecauseとIを省略し、receivedをreceivingにして、Receiving help from many people,

となります。

 

receiving = reveive「受け取る」動詞の現在分詞

help = 「助け」名詞、ここではreceiveという動詞の後ろなので、名詞です。

was able to 〜 = be able to 〜の過去形

travel = 「旅行する」動詞

around the world = 世界中

 

 

Let's imagine that you are on a crowded train.

〜しましょう、想像する、あなたが混んでいる電車にいることを。

→ あなたが混んでいる電車にいることを想像してみましょう。

 

Let's = 〜しましょう

imagine = 「想像する」動詞

that + 主語 + 動詞 = 主語が動詞すること

crowded = 「混んでいる」形容詞

 

 

A passenger nearby looks sick.

乗客、近くにいる、見えます、病気の。

→ 近くにいる乗客が病気に見えます。

 

passenger = 「乗客」名詞

nearby = 「近くにいる」形容詞

look = 「見える」動詞

sick = 「病気の」形容詞

 

look + 形容詞で、形容詞に見える、になります。

例) You look happy. あなたは幸せに見えます。You look nice. あなたは素敵に見える。

 

 

What will you do?

何をあなたはするでしょうか?

 

what = 「何」疑問詞

will = 「〜予定、今決めた未来のこと」助動詞

do = 「する」動詞

 

 

You may hesitate

あなたは、かもしれない、ためらう

→ あなたはためらうかもしれません。

 

hesitate = 「ためらう」動詞

 

 

, but I hope you ask, " Are you OK? "

しかしぼくは望みます、あなたが尋ねることを、「あなたは大丈夫ですか?」

→ しかしぼくは、あなたが「あなたは大丈夫ですか?」と尋ねることを望みます。

 

I hope のあとは接続詞のthat「〜のこと」が省略されています。

I hope that you ask ぼくはあなたが尋ねることを望みます。

 

 

It is important that you have the courage to talk to people.

それは大切です、あなたが持つ、勇気、話しかける、人々に。

→ あなたが人々に話しかけるための勇気を持つことは大切です。

 

 

It は仮主語になります。

It = that you have the courage to talk to people です

important = 「大切な、重要な」形容詞

courage = 「勇気」名詞

to talk = to 不定詞、「話すための」という形容詞的用法

talk to 〜 = 〜に話す、話しかける

 

 

I believe that this courage can change the world.

ぼくは信じます、この勇気が、できる、変える、世界を。

→ ぼくは、この勇気が世界を変えることができると信じます。

 

believe = 「信じる」動詞

courage = 「勇気」名詞

change = 「変える」動詞

 

 

As I experienced during my trip,

ように、ぼくが経験した、間、ぼくの旅行

→ ぼくが旅行中に経験したように、

 

As = 「〜のように」接続詞

experienced = experience「経験する」動詞の過去形

during = 「〜の間」前置詞

trip = 「旅行」名詞

 

 

" barrier - free" is not only about facilities, but also about people's mindset.

バリアフリーは、〜だけじゃなく、〜について、設備、〜も、〜について、人々のマインドセット。

→ バリアフリーは、設備についてだけではなく、人々の考え方についてでもあります。

 

not only A but also B = A だけではなく B も

mindset = 「考え方」名詞

 

 

まとめると、

As I experienced during my trip, "barrier-free" is not only about facilities, but also about people's mindset.

ぼくが旅行中に経験したように、バリアフリーとは設備についてだけではなく、人々の考え方についてでもあります。

 

 

Anyone can contribute to creating a barrier-free society.

だれもが、できる、貢献する、創造する、バリアフリーの社会。

→ だれもがバリアフリーの社会を創造することに貢献できるんです。

 

anyone = 「誰もが」名詞

can = 「できる」助動詞

contribute = 「貢献する」動詞

contribute to 名詞 = 名詞に貢献する

例) contribute to cost reduction コスト削減に貢献する

I want to contribute to our team.

ぼくはチームに貢献したいです。

 

creating = create 「創造する」動詞の動名詞形

society = 「社会」名詞