気分が上がる情報

気分が上がる情報やお得な情報をまとめたブログです。

偏差値至上主義で大学選び:ベートーベンの「運命」が流れる

感謝してます。

 

前回、代々木ゼミナールの夏期講習を受けて西きょうじ先生に出会い、

京都大学を無謀にも志したことをお伝えしました。

 

もちろん、E判定のオンパレード。

 

今日は続きのお話です。

 

 

偏差値が高い=良い大学、良い大学に行かなきゃと思う

f:id:good49:20200703091100j:plain

高いものほど良いという偏った価値観を持っていた


 

突然、高校3年生の時に京都大学を志すことに。

 

でも、僕にとってはハードルが高すぎました。

 

E判定のオンパレード。

 

京大模試では問題が解けず、白紙で提出。

 

「京都大学に合格したいならZ会の京大コースだよ」

と言う友人のススメでZ会にも入ったのですが、解説を読んでもほぼ意味がわかりません。

 

どうしたものか・・・

 

 

今思えば、志望校選択が間違っていたのです。

 

偏差値が高い=良い大学、という価値観がまだまだ残っていました。

 

あれだけ、進学校=良い高校ではない、と身を以て体験し、不登校まで経験していたのに、それが抜けていなかったのです。

 

 

高いところが一番、という偏った価値観がありました

f:id:good49:20200612115641j:plain

剣道=我慢、迷ったらつらい道を行けが招いていた

中学校でオール5を取り、地元で一番の進学校に通っていた。

 

さらに、中学校では剣道でも全国大会に行って良い成績をおさめていた。

 

すると、「自分は特別なんだ」と思う節があり、

 

進学校に通っていて、どうせ目指すなら高いところ、という意識は抜けません。

 

その当時の僕は、偏差値至上主義でした。

 

一番偏差値の高いところを狙う。

 

自分の実力を知らないし、

自分が本当に行きたい大学もわからない、

 

唯一あったのは、偏差値が高い、高いところが良い、と思う価値観だけ。

 

一つの価値観しか知らない自分が陥ったワナでした。

 

 

そこからはなかなか抜けきれませんでした。

 

さらに、剣道を10年間もしていたので、

 

「迷ったら辛い道を行け」

「我慢、忍耐だ」

 

そのような習慣も染み付いており、その偏差値至上主義に拍車をかけていました。

 

(決して剣道がわるいのではなく、私の過去の習慣や教えからそのように捉えてしまっていました。)

 

志望校選択の際は、すべて高い偏差値の大学を狙った

センター試験の私立大学受験では、立命館大学の偏差値が一番上のところを選択。

 

センター試験では奇跡的に今までの最高得点を叩き出しましたが、あと一歩で及ばず。

 

 

そのあとは、上智大学の偏差値の一番高いところを受験。

 

こちらは何の手応えもなく撃沈。

 

 

 

受けたところはすべて偏差値が高いところ。

 

これでは行きたい大学が分からず、さらに浪人も待っていました。

 

さらに、私の身体がもう悲鳴をあげていたのです。

 

 

整体に行くとヘルニア寸前と言われ、頭の中ではベートーベンが流れてた

f:id:good49:20200703091955j:plain

頭の中ではベートーベンの「運命」がひっきりなしに流れる

テストの問題を解くと、いつも、なぜかベートーベンの「運命」が。

 

ジャジャジャジャーン、という音楽が流れて、問題が解けないという不思議な現象が起きていました。

 

まともに問題が読めない・解けない状態です。

 

精神的にかなり限界だったのだと思います。

 

 

さらに、腰が痛くなったので整体に行くと、「ヘルニア寸前ですね」と言われました。

 

体力的にも限界でした。

 

 

2月の時点で1つの大学にも受かっていませんでした。

 

もう、1年浪人は無理。勉強も無理。

 

 

八方塞がりの時は、上だけ空いている・・・斎藤一人さん

 

f:id:good49:20200615201156j:plain

 

この言葉は当時は知らなかったのですが、悩むことで気づきが生まれる、と言うのは不思議とその通りなのです。

 

僕にも、ある方法で道がひらけます。

 

ヒントはふと立ち寄った近くの「コンビニ」にありました。

 

続きは次回に。