さとし先生@TOEICトーイック、英検対策、中学と高校の英語復習

英検対策、中学と高校で使われる英語教科書の解説をしています。

New Horizon 中3 和訳 unit5 Scene1 (ニューホライズン ユニット5 シーン1)

東京書籍 ニューホライズン new horizon の中3 本文 Unit5 scene1 を和訳していきます。学校の授業をより理解できるように解説していきます。

 

現役中学生はもちろん、大人の方まで英語をやり直したい人に、教科書は秀逸なので超オススメします。

 

もし、本気で学びたい場合は、教科書ガイドを購入することがオススメです。

教科書の本文が訳されていて、さらには英単語も品詞+発音、意味、とすべて書かれているので、調べる手間を考えると、確実に時間短縮につながります。

(なんと、今の教科書には音声が無料でついているので、音声CDは購入不要です。昔は数千円していたので、めちゃくちゃ嬉しいです^^)

 

 

楽天で買う

Amazonで買う

 

 

Mahatma Gandhi マハトマガンディーとお金 rupee ルピー

Look. This is a picture I found on the internet.

見て。これは写真です、私が見つけた、インターネットで。

→ 見て。これは私がインターネットで見つけた写真です。

 

 

look = 「見る」動詞、このように動詞から始まる文は命令文を作ります。

例) Be quiet. 静かにしなさい。 Help me. 私を助けて。

this = 「これは」指示形容詞、複数形はthese「これらは」

picture = 「写真」名詞

found = find「見つける」動詞の過去形、find - found - found 原形 - 過去形 - 過去分詞形を覚えましょう。

今回は a picture I found on the internet 後ろから前の名詞を修飾する、後置修飾と言う形が取られています。

名詞 + 主語 + 動詞、で表すことができます。

例) the girl I met yesterday 私が昨日会った女性

the teacher I like 私が好きな先生

 

 

Do you know who this is ?

あなたは知っていますか、だれか、これが?

→ あなたはこれは誰か知っていますか?

 

know = 「知っている」動詞

who this is は間接疑問文と呼ばれて、本来はwho is this? これは誰ですか?という語順ですが、Do you know などの後につくように、文の中に組み込まれると、疑問詞 + 主語 + 動詞、の順番になります。

例) I know who this is.

私は知っています、だれか、これが→私はこれが誰か知っています。

 

 

His name is Mahatma Gandhi.

彼の名前はマハトマガンディーです。

 

his = 「彼の」代名詞

he 彼は(が) his 彼の him 彼を(に) his 彼のもの

 

 

His image is printed on all Indian rupee notes.

彼の画像は印刷されている、〜の上に、すべてのインドのルピーの紙幣。

→ 彼の画像はすべてのインドのルピー紙幣に印刷されています。

 

image = 「画像」名詞

is printed = be動詞 + 過去分詞形 = 受け身形

「印刷されている」

on = 「くっつきのon、〜の上に」前置詞

all = 「すべての」形容詞

Indian = 「インドの」形容詞

rupee = 「ルピー(インドのお金)」名詞

notes = note「紙幣」名詞の複数形

 

 

He's a person Indian people respect greatly.

彼は人です、インドの人々が尊敬する、とても。

→ 彼はインドの人々がとても尊敬する人です。

 

person = 「人」名詞

people = 「人々」名詞

respect = 「尊敬する」動詞

grealy = 「とても、大いに」副詞

こちらの文も先ほど出てきた、名詞を後ろから修飾する後置修飾です。

a person Indian people respect

インドの人々が尊敬する人

 

 

Gandhi was born on October 2, 1869.

ガンディーは生まれました、10月2日、1869年

→ ガンディーは1869年10月2日に生まれました。

 

was born = 生まれたを表す表現

on + 特定の日

例) on my birthday 私の誕生日に、on Christmas day クリスマスの日に

 

 

His birthday is now an Indian national holiday.

彼の誕生日は今や、インドの祝日です。

 

national = 「国の」形容詞

holiday = 「休み」名詞

national holiday = 祝日

 

 

It's also the International Day of Non-Violence.

それはまた、国際日、非暴力の。

→ それはまた、国際非暴力デーです。

 

it = his birthday

also = 「〜はまた」副詞

international = 「国際的な」形容詞

day = 「日」名詞

non-violence = 「非暴力」名詞

 

 

New Horizon Unit5 Scene1 をより理解できるために

教科書が理解できたら、次はテストの点数アップや実生活で使えるを目指しましょう。

知識は覚えて使いこなして、はじめていきます。

オススメ教材などはこちらから

 

www.49good.net