さとし先生@TOEICトーイック、英検対策、中学と高校の英語復習

英検対策、中学と高校で使われる英語教科書の解説をしています。

New Horizon 中1 和訳 unit2 part3 (ニューホライズン ユニット2 パート3)

東京書籍 ニューホライズン new horizon の中1 本文 Unit2 part3 を和訳していきます。学校の授業をより理解できるように解説していきます。

 

現役中学生はもちろん、大人の方まで英語をやり直したい人に、教科書は秀逸なので超オススメします。

 

もし、本気で学びたい場合は、教科書ガイドを購入することがオススメです。

教科書の本文が訳されていて、さらには英単語も品詞+発音、意味、とすべて書かれているので、調べる手間を考えると、確実に時間短縮につながります。

(なんと、今の教科書には音声が無料でついているので、音声CDは購入不要です。昔は数千円していたので、めちゃくちゃ嬉しいです^^)

 

 

楽天で買う

Amazonで買う

 

 

Do you live around here?

あなたは住んでいますか、まわりに、ここの?

→ あなたはこのあたりに住んでいますか?

 

around = 「まわりに」前置詞

here = 「ここ」名詞

around here = ここのまわり、このあたり

 

 

Yes, I do.

はい、そうです。

 

 

Do you 〜?の文の答え方は、Yes, I do. はい、そうです。

No, I don't. いいえ、そうではありません。

のようになります。

 

 

How do you come to school?

どのように、あなたは学校に来ますか?

 

how = 「どのように」疑問詞

come = 「来る」動詞

come to 〜 = 〜に来る

 

 

By bike?

自転車で?

 

by = 「〜で」手段を表す前置詞

by bus = バスで、by bike = 自転車で、by air = 飛行機で

 

No. いいえ。

 

 

I walk to school. 

私は歩いて学校に来ます。

 

walk = 「歩く」動詞

walk to 〜 = 〜に歩いていく

 

What do you have for breakfast?

何、あなたは、食べる、朝食に

→ 何をあなたは朝食に食べますか?

 

have = 「食べる」動詞

eat も食べる、という意味がありますが、こちらはガツガツ食べる感じ。

haveはより丁寧な食べる感じです。

haveは持つという意味もあります。

 

 

I usually have toast, fruit, and yogurt.

私はたいてい、トースト、フルーツ、そしてヨーグルトを食べます。

 

usually = 「たいてい、普通は」副詞

頻度(ひんど)の副詞と呼ばれ、主語と動詞の間に使われます。

 

頻度の副詞はこちらを覚えましょう。

always いつも 100パーセント

usually たいてい 80パーセント

often よく、しばしば 50パーセント

sometimes ときどき 20パーセント

never 一度も〜ない 0パーセント

 

toast  = 「トースト」名詞

fruit = 「フルーツ」名詞

yogurt = 「ヨーグルト」名詞

 

今回のように、toast, fruit, and yogurt = トースト、フルーツとヨーグルトのように並べて表現するときは、

A, B, and C のようになります。

ABCDの4つであれば、A, B, C, and D となります。

 

 

How about you ?

あなたはどうですか?

 

あなたはどう?と聞くときの定番の表現。

how = 「どのように」疑問詞

about = 「〜について」前置詞

そのため、あなたについてはどうですか?と聞いています。

 

 

I have rice and miso soup.

ぼくはご飯と味噌汁を食べます。

 

rice = 「ご飯」名詞

miso soup = 「味噌汁」名詞

 

 

I also have an egg and a sausage.

ぼくはまた、卵とソーセージも食べます。

 

also = 「〜もまた」副詞

 

 

Sounds nice!

素敵に聞こえますね= 良いですね!

 

sound = 「聞こえる」動詞

nice = 「素敵に」形容詞

 

Sounds nice! は相手が言った言葉に対して、「素敵ですね、良いですね」と反応するときに使えます。

 

他にも、Sounds good!

Sounds great! もよく使われます。

いずれも、良いですね、との反応になります。

 

 

New Horizon Unit2 part3 をより理解できるために

学校の成績はもちろん、英語を今よりもわかるようになりたい人にオススメの教材3つ

 

www.49good.net

 

3種の神器・・・これを持っていたら鬼に金棒教材を、現役塾講師が厳選して紹介しています。